【大好き!WEBTOON♪】サイト内検索

カテゴリー

最近の投稿

ピッコマ ファンタジー 恋愛 漫画 結末ネタバレ

接近不可レディー|無料で韓国の原作漫画&小説を先読み|結末ネタバレや再開情報アリ

目次

「接近不可レディー」を先読み可能な韓国公式サイト・原作小説・公式PV動画・作者SNS・登場人物・結末ネタバレ・シーズン2再開情報等を詳しくご紹介!

 

題名(韓国語):접근 불가 레이디 題名(英語):Solitary Lady / Untouchable Lady  題名(中国語):不可接近的女士

原作: Kin(킨) 作画:【シーズン1】Mingsung(밍숭) 【シーズン2】ZI.O  脚色: Yong Doosik(용두식) 

掲載誌:ContentsLabBlue

「接近不可レディー」作品紹介(ピッコマ独占配信中ウェブ漫画)

「接近不可レディー」公式PV動画

カカオページ、Tapasが提供する「接近不可レディー」公式PV動画(youtube)をご紹介します!!

韓国語や英語の動画になりますが、言葉が分からなくても楽しめる内容になっています(*^-^*)

【カカオページ 公式PV動画】

59秒間の韓国語の動画になります。

>>接近不可レディー・公式PV動画【YouTube】はコチラ

【Tapas 公式PV動画】

59秒間の語の英語の動画になります。

>>接近不可レディー・公式PV動画【YouTube】はコチラ

 

あらすじ

「接近不可レディー」あらすじ(ピッコマより引用)

「ヒリス、頼む。ガブリエルの代わりに死んでくれ。」 「バラの貴公子」としてみんなから愛されるお兄様が、初めて私に頭を下げた。 血も繋がっていない義理の妹のために死んでほしいと…。 「あともう1回死ぬくらい、大した事ないだろ?」 タイムリープを繰り返す私。7度目に裏切られたあの日、ついに私は未練から解き放たれた。 「あなたが最後まで人でなしのクズでよかった」 あなたたちの愛なんて、もう要らない。 今度は私が、あなたたちを捨てる番よー

この作品の紹介や感想等

接近不可レディー」は、ピッコマにて独占配信中のSMARTOON。韓国発の女性向け・ファンタジー漫画です!

毎週月曜日に最新話が更新されています。

ポイント

2021年9月20日(月)から連載が開始されたウェブ漫画です!絵がとても綺麗で、ストーリーは最初から面白いです!

●原作者である Kin先生は、ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」を手掛けています。

●脚色を担当されているYong Doosik先生は、「純白のエリザベス」も手掛けています(*^-^*)

 

日本語版は、独占配信されている「ピッコマ」で読むしかありません。

しかしながら、こちらの作品は、韓国・公式のカカオページにて掲載されていまして、日本で連載されているエピソードよりも先読みすることが可能です。

又、カカオページだけではなく、原作小説は他の海外公式サイト(安心・安全に読むことが出来ます。)においても連載されています。

これからカカオページとその他海外公式サイトの掲載ページをご紹介しますので、無料先読みしたい方は、参考にしてみて下さい。

google翻訳やPapago等の翻訳アプリを使えば、大体の意味は分かるかと思います

本編を読まないとしても、日本にはない素敵なサムネだったりしますので、作品のファンとしては、それを見るだけでもおススメですよ。

韓国・海外版「接近不可レディー」公開ページ URL

カカオページ(kakao page) 公開ページ(韓国語)

土曜連載(前日の22時に最新話が更新されています)

1~3話目までチャージなしで無料で読む事が出来ます。

それ以降は、7日に1回チャージにて無料で読むことが出来ます。最新話等は有料です。

 

カカオページ【インドネシア版】 公開ページ(インドネシア語)

プロローグ~5話目まで無料です。

それ以降は、3日に1回チャージにて無料で読むことが出来ます。最新話等は有料です。

 

Tapas公開ページ(英語)

日本で閲覧することは難しそうですが、一応掲載しておきます。

>>Tapas公開ページはコチラ

上記サイトは、安心して読むことが出来ます。公式ページ以外のサイトはウイルス感染等のリスクがありますので、おススメ出来ません。十分お気をつけください。 ※1stkissmangaやnewtoki等はいわゆる海賊版サイト(違法サイト)であり、危険です。

 

「接近不可レディー」原作小説(ノベル情報)

【韓国版・原作小説(ノベル)情報】

カカオページ 公開ページ(韓国語)

完結済です。

1~3話目まで待たずに無料。それ以降は、12時間に1回チャージにて無料(最終話等は除く)

 

RIDIBOOKS公開ページ(韓国語)

完結済みです。

全7巻ありまして、1巻辺り3240ウォンで読む事が出来ます。

サイト内の口コミ評価は、★4.5でした!

 

【日本語版・原作小説(ノベル版)情報】

ピッコマ公開ページ

「接近不可レディー」日本語版の原作小説(ノベル)の公開は、まだ確認できません。

今後、人気が出てくれば連載が開始されるかもしれませんね。新しい情報が入り次第、こちらの記事も随時更新していきたいと思います。

 

「接近不可レディー」コミック(単行本)の発売日は!?

「接近不可レディー」コミック第1巻の発売日は未定です。

新しい情報が入り次第、こちらの記事も更新したいと思います!

 

AMAZONで「接近不可レディー」の原作小説(ノベル版)は購入出来る??

AMAZONにて「接近不可レディー」の韓国語版の原作小説(ノベル版)を検索しましたが、取り扱っていないようです。

新しい情報が入り次第、こちらの記事も更新したいと思います!

 

接近不可レディー・主な登場人物や4つの家門等まとめ【ネタバレ注意】

※これから「接近不可レディー」に登場する主要人物と4つの家門に関すること等、簡単にご紹介します!!
ネタバレ要素も含むかと思いますで・・・閲覧には十分注意して下さい!!

登場人物確認はコチラ【少々ネタバレ要素アリ】 ↓ ↓ ↓

主要登場人物紹介

【イノアデン家とその関連人物】

ヒリス・イノアデン:この作品のヒロイン。ピンクのロングへア。「イノアデンのみにくいアヒルの子」「ばらの花園に咲いた役立たずの雑草」という表現をされていた。第1話にして兄が人でなしのクズであることを悟る。何度もタイムリープを繰り返している(今回が8回目)

 

ディエゴ・イノアデン:イノアデン家現当主。ヒロインの父。赤髪黄眼。ガブリエルを溺愛している。しかしながら、愛する妻の命と引き換えに生まれてきた実の娘であるヒリスを許さない為、いつも冷たい態度をとっている。妻が亡くなってから5年後、とある未亡人(亡くなった妻と驚くほど似た美しい女性)と再婚する。その時に連れてきた娘(連れ子)がガブリエル(再婚相手と瓜二つ)である。

 

ガブリエル・イノアデン:ヒロインの妹(血縁関係なし)金髪碧眼。ディエゴの再婚相手の連れ子。流行の魔物をねだって屋敷に連れてこさせたり、それによる事故を引き起こしたりするようなワガママな性格である。

 

リカルド・イノアデン:ヒロインの兄。赤髪黄眼。みんなから愛される・通称「バラの貴公子」と言われている。しかしながら、ヒリスに対しては血縁関係があるにも拘わらずいつも冷酷な態度をとる。父と同様にガブリエルを溺愛している。

 

メイ:ヒリス専属のメイド。顔にそばかすがある茶髪の女性。勘が鋭い。最初はヒリスのことを「バカにしてもいい相手」だと思って接していたが、ヒロインの態度が変わりメイやその他のメイドを戒めた為、メイもきちんとした対応をとるようになった。

 

【パルべノン家とその関連人物】

クリスティアン・パルべノン:銀髪赤眼。冬の一族であるパルべノン家の後継者。ガブリエルの婚約者(政略的な婚約)。
ヒリスの開花を最初に知る部外者はいつもクリスティアンであり、告白するタイミングはいつもヒリスが開花してからであった。その理由は、異能を持つヒリスと結婚し家を継ぎ弱まってしまったパルべノン家の異能を強化する為である。

 

【カリキア家とその関連人物】

マゴ・カリキア:金髪翠眼。ビオレッタの姉が残したたった1人の子供。いずれカリキアの王となる少年。完全に失われたと思われているカリキア家の異能を唯一受け継ぐ者。異能によって出来た宝石を闇市で売り払おうと欲に目がくらんだ者達のせいで、地下にとじこめられ虐待されていた。母:ロゼニアに関しては名前も顔もよく分からないとのこと。(※第20話参照)

 

ロゼニア・カリキア:ビオレッタの姉。従兄であるテルゾの婚約者であった。しかし、カリキアの長老会が無理やり推し進めたこの結婚に強く反発し、その結果家門から破門され姿を消したのであった。その後、彼女の人生と息子マゴについては何一つ語られることはなかった。

 

ビオレッタ・カリキア:金髪翠眼。かつて姉(不始末を起こし一族から追放される)と共に「カリキアの姫たち」と呼ばれていたが、今は妹の彼女ひとりがその名を受け継いでいた。

 

テルゾ・カリキア:茶髪翠眼。ビオレッタの従兄。

 

【ベルゼット家とその関連人物】

アクシオン・ベルゼット:黒髪碧眼。ベルゼット家の当主。

 

シュレイマン・ベルゼット:黒髪紫眼。血の付いた手でもお菓子を食べる事が出来るような人物。(※第14話目参照)

 

【その他の人物】

コーデリア・モンタナ:薄紫髪で紫眼。カリキア傘下・モンタナ家所属。

 

ヘリオナ・アメリエ:金髪・ピンク眼。パルべノン傘下・アメリエ家所属。

 

【カリキア家に関する情報】

カリキア家:混じりけのない純粋な力を保つため近親婚を好んだ。その結果、強い異能を持って産まれた子供達はことごとく早死にする。その上、副作用で4大家門の中で一番に異能の力が弱まってしまった。

 

カリキアの涙:カリキア一族の涙で作られ、身につけていると異能の力が若干強まる効果のある貴重な宝石。4大家門の間で宝玉とされるこの宝石。その真の効果を得る方法は、宝石を飲み込む事である。体内に吸収させると異能の力が大幅に強まるだけではなく、一定時間他人の異能を吸収し、己の物にすることが出来る。その為、カリキア家は、平和と均衡を保つためその事実を隠してきた。その結果、宝石の真の力について知る部外者は、誰一人としていなくなった。

 

真実の目:外部には知られていないカリキア家の人間だけに受け継がれる力。人の言葉が真実か嘘かを見極められる。ビオレッタもテルゾもその力を持っている。(同じ真実の目を持っている同士では、互いの心を読む事は出来ない。)

 

【王の宮殿】

半神であった初代王の為の場所である、神聖な力が流れる大地。今は、4大家門とその傘下にある52の貴族家門が権力を分け合いそれぞれの領地を治めているが、遥か昔は1人の王がこの地を支配していた。王はとある理由で死んでしまった為、この地は真の主を失ってしまった。今は、異能の力で保たれており、この場所には99の扉がある。扉はそれぞれ別々の空間に繋がっており、各家門の者達は用途に合わせて必要な扉へ向かう。

99番目の扉は、4大家門の当主のみが立ち入りを許された神聖な場所であり最も特別な場所「四季の森」である。

 

【遥か昔から高貴な血を引く4つの家門】

春の象徴:イノアデン

夏の象徴:カリキア

秋の象徴:ベルゼット

冬の象徴:パルベノン

 

四季を象徴するそれぞれの家門には神聖な異能が代々受け継がれているが、時が経つにつれ家門の血が薄くなり、その能力も衰えていっている。

イノアデンはその命脈を保っていたものの、異能は1世代にたった1人しか受け継がれなくなって久しい。

まだ掲載していない人物はたくさんいますが、随時更新予定です。韓国版のウィキペディアには、より詳細な登場人物の紹介(ネタバレ有り)がされていますので、興味のある方はそちらの方も参考にしてみてください!

>>「接近不可レディー」韓国版Wikipediaはコチラ

 

接近不可レディー・結末(~最終回)までの簡単なネタバレ

日韓のネタバレサイト情報を集めて、「接近不可レディー」の結末(~最終回)迄の簡単なネタバレをご紹介します。

因みに、管理人は原作小説を読んでいないので詳細な情報は分かりません。又、もし万が一ネタバレ内容が間違っている場合はお知らせして頂けると嬉しいです!!

かなりのネタバレになりますので、読みたくない方はここはすっ飛ばして下さいね!


 

【結末までのあらすじ・簡単なネタバレ紹介】

 

●ヒロインであるヒリス・イノアデンは、アクシオン・ベルゼットと結ばれます(ハッピーエンド!!)

●ヒリスの周りにいる悪人は全員罰を受けます。(父、兄、義妹、元婚約者)

●ヒリスは、愛する人が幸せになれるような新世界を作り、神になります。(アクシオンの為に美しい世界を望んだ)
そして、全ての生物から愛される存在になります。

●外伝は、ヒリスとアクシオンの幸せな結婚生活中心のストーリー。2人は、3人の子供(双子の男の子と女の子)に恵まれます。世界中の生物に祝福されます。

 

本編のラストは、素敵な結末【ハッピーエンド!!】になりそうですね!私の推しキャラであるアクシオンと無事に結ばれそうで何よりです( *´艸`)
もう少し情報が欲しいと思う方もいらっしゃるかと思いますが、カカオページにて公開されている原作小説(※全文韓国語)を読んで頂ければと思います☆とにかく、これから安心して読む事が出来そうです(*^-^*)

 

 

他作品の結末ネタバレはコチラで公開しています!

↓ ↓ ↓

ネタバレ一覧

 

「接近不可レディー」公式SNS情報

「接近不可レディー」の原作者である Kin(킨)先生、韓国公式:カカオページの公式TwitterとInstagramをご紹介します。

最新の情報をゲットすることが出来ます。ファンの方は是非チェックしてみて下さいね^^

●原作者: Kin(킨)先生 公式Twitter 

킨kin (@kinn993) / Twitter

●カカオページ公式Twitter

카카오페이지 kakaopage (@kakaopage) / Twitter

●カカオページ公式インスタグラム

카카오페이지(@kakaopage) • Instagram写真と動画

 

掲載誌:ContentsLabBlue内でのおススメの作品【ピッコマ内にて♪】

掲載誌:ContentsLabBlue内での私のおススメの作品をここでご紹介したいと思います。

たくさんありすぎるのですが、その中でも今回ご紹介する女性向け・恋愛漫画は・・・

暴君の保護者は悪役魔女です」「ラミア・オルフェが死んだ」「後宮契約

です。

どれもストーリーがとても面白くピッコマにでも人気の高い作品です(*^-^*)

 

シーズン1最終回→シーズン2再開情報【作画の先生変更になります】

韓国公式:カカオページでは、第47話(※2021年11月5日公開)をもちましてシーズン1が最終回になり、その後休載に入っています。

シーズン2の連載開始は、2022年になるとのことです。

又、シーズン2(第48話~)から作画の先生が変更になるとの情報が入ってきました(>_<)

Mingsung先生の自己都合による退社によるものだそうです。とても素晴らしい絵でしたので、とても残念ですが、仕方がないですね・・・(´;ω;`)今までありがとうございました!!

 

以上、「接近不可レディー」を無料先読み可能な韓国公式サイト・原作小説・登場人物紹介・公式SNS・結末(~最終回)ネタバレ・シーズン2開始情報等まとめでした!

 

→他のピッコマ(LINEマンガ・COMICO)を韓国版・海外版で無料先読みしたい方はコチラ

サイト内検索【タイトルや作者名を入力してみて下さい】

カテゴリー

アーカイブ

☆ブログ村参加中☆

大好き!Webtoon♪ - にほんブログ村
  • この記事を書いた人

emicchi

管理人のemicchiです。仕事の傍ら、ピッコマ等のウェブ漫画を楽しんでいます。1週間に50作品以上読んでいまして、特に韓国の恋愛漫画が多いです。 【Follow me!】ツイッターにて推し漫画を中心に感想等を呟いています♪

-ピッコマ, ファンタジー, 恋愛, 漫画, 結末ネタバレ