ピッコマ 漫画

【ネタバレ27話】実は彼らは彼女だけを覚えていました|ピッコマ

実は彼らは彼女だけを覚えていました 第27話 ネタバレを簡単にご紹介します!(ピッコマ人気ウェブ漫画)

 

題名(韓国語): 사실,그들은 오직 그녀만을 기억하고 있었습니다

 

あらすじ

(「実は彼らは彼女だけを覚えていました」ピッコマより抜粋)

「戦争の勝者は幸せになっちゃいけない。」 戦争に勝利した後、約束された名誉と幸せを断わり、すべてを置いて突如首都を去ることになった 平民出身の騎士「クラレンス·ホールトン」。 そして、彼女を忘れられず、各自のやり方で探し始める4人の男。 果たして彼らはクラレンスを見つけ出すことができるだろうか? そして彼女に幸せを運んでくれる人物は…?

 

実は彼らは彼女だけを覚えていました 第27話・ネタバレまとめ

【※ここからは、10分位で読めます!!】

■実は彼らは彼女だけを覚えていました 第27話のまとめ【簡単に分かりやすくネタバレをまとめました♪】

ウィルキンス卿と2人の男性

クラレンスは男性達を見て不思議そうにしています。

二人の男性は、パトロール隊の訓練を手伝っていた人達だとの事。

素晴らしいですねと微笑むクラレンス。

 

彼女の笑顔を見て、当然の事をしたまでだと話すウィルキンス卿。少し照れている様子。

それを見ていた二人の男性は、冷やかします。

ウィルキンス卿は、いいから治安隊を呼んでこい!と言いますが、既に呼びに入っているとのことでした。

 

クラレンスの怪我

裸足だった為、足を怪我してしまったクラレンス。

足の裏から少し出血しています。

それを見たウィルキンス卿は、おぶってやると言って腰を屈めました。

 

クラレンスは躊躇いましたが、失礼致しますと言っておんぶしてもらう事にしました。

ウィルキンス卿はクラレンスをおぶりながら、鍛え抜かれた体の重みを感じます。そして、さすがクラレンスだとしみじみ思います。

戸締りをしていた為、ウィルキンス卿は彼女をおぶったまま、壁をよじ登ることになりました。

 

優しく手当てをするウィルキンス卿

そして、彼女の部屋に到着する2人。

ウィルキンス卿は消毒液やタオルを使って彼女の足の手当てをします。

手当中、少し痛がる彼女。痛いなら痛いと言ってもいいんだと話す彼。

血の臭いでモンスターが仮に来たとしても、ここには私がいると彼女を見つめながら話します。

ウィルキンス卿の話を聞いて笑顔になるクラレンス。

 

クラレンスへの好意

ウィルキンス卿は、長い間ご苦労だったと言って彼女の髪に触れました。

いきなりどうしてと話す彼女。

ウィルキンス卿は、彼女に好意を抱いていることを心の中で確信するのでした。

 

実は彼らは彼女だけを覚えていました 第27話・感想

■実は彼らは彼女だけを覚えていました 第27話の感想・見どころ【ピッコマで要チェック!!】

今回のエピソードは・・・

ウィルキンス卿がクラレンスのことが好きであることを実感する素敵なエピソードでした( *´艸`)

クラレンスは本当にモテモテですよね。女性の私から見てもとっても輝いていて素敵な人物ですからね!!

逆ハーレムのようなこのお話ですが、クラレンスは最後に誰を選ぶのでしょうか??今からとても気になります。

 

彼らの様子は、是非公式のピッコマやカカオページにてご覧ください!!

 

\ 参考:カカオページを課金して読みたい方必見 /

≫韓国公式カカオページアプリのダウンロード→文化商品券購入→課金までの方法・流れについて

 

次のエピソード

>>実は彼らは彼女だけを覚えていました 第28話ネタバレ(最新話)に続く

 

ネタバレの目次はコチラ

 

→他のピッコマ(LINEマンガ・COMICO)を韓国版・海外版で無料先読みしたい方!

≫韓国版・無料先読み情報等まとめはコチラ

おススメの記事  

ピッコマ人気ウェブ漫画のネタバレを簡単にまとめて公開中!(随時更新しています^^)

≫ピッコマ人気ウェブ漫画のネタバレ一覧はコチラ

\おススメ電子書籍サイト/

管理人がいつも利用しているのはeBookJapanです。週末15%オフクーポンやペイペイ等利用可で、お得に利用できます!!マンガ無料立ち読みOK!!

それでは、今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

ブログ村に参加しています。下のバナーを押してもらえるだけでモチベーションアップになりますので、是非!! ↓ ↓ ↓

>>「ブログ村」ランキングはコチラ

\無料期間中に解約すれば、コミックも完全無料 /

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

    -ピッコマ, 漫画

    © 2021 大好き!Webtoon♪ Powered by AFFINGER5