【大好き!WEBTOON♪】サイト内検索

カテゴリー

最近の投稿

ある日、私は冷血公爵の娘になった ピッコマ 漫画

137話ネタバレ |ある日、私は冷血公爵の娘になった|韓国版最新話まで公開

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 137話ネタバレを簡単に紹介します!【シーズン4】

 

題名(英語):I Am a Child of This House / I Belong to House Castielo 題名(韓国語):나는 이 집 아이 題名(中国語):我是这家的孩子

作画: Cotton(코튼) 原作: siya(시야)

掲載誌:Kakao Entertainment Corp.

\ コミック発売中 /

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」あらすじ

【ある日、私は冷血公爵の娘になった あらすじ ピッコマより引用】

娼婦に育てられた少女「ピンクアイ」。2万ゴールドで売られた先は、魔族の家系の公爵家でした。新しく「エステル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なエステル。自分のピンク色の目にもなにやら秘密があるようで… かわいいエステルのドキドキほのぼの令嬢生活が始まるよ!

【※ここからは、10分位で読めます!!】

ある日、私は冷血公爵の娘になった 137話・ネタバレまとめ

■ ある日、私は冷血公爵の娘になった137話のまとめ【韓国版を読んで簡単に分かりやすくネタバレをまとめました♪】

エメルとの会話

こんにちは、エメル、お久しぶりと苦笑いしながら声をかけるエステル。エメルは返事をしないままエステルの唇を奪います。

ここで何をしているんですかと心配そうに問いかけるエメル。
エステルは、淡々とアイリスとキスをしていたことを知っていると彼に話します。

エメルは、すみません、まさかあの部屋にいたんですかと尋ねます。エステルは、はいと答えます。

彼は、自分を治すのにどれだけ力を使ったのかと聞くと、エステルはどれだけ大きな傷を負ったのかによって違うと微笑みながら返答します。

お嬢様のそんな言葉が嬉しいと言うエメルに対して、エステルは、それならば帰ってきなさいと言います。しかしながら、それはダメですとすぐに話すエメル。

エステルは、何で何も言わずにここに来たのか、どうしてあのようにアイリスに服従しているのかと言って心配します。

しかしながらエメルは、言えません帰ってください、そして2度とここには来ないで下さいと切なそうに返答します。

するとエステルは、私はまだエメルの恋人ですかと悲しそうに尋ねた後、目を閉じながらエメルを抱きしめます。そして、今日は帰ります、だけど1つだけ約束してほしい、私の為に生きて下さい、なので私もエメルの為に生きます、愛していますエメルと話します。

エメルも目を閉じながら、…私も愛していますと返答します。

だけど、お嬢様は私がいなくても大丈夫でしょう、その言葉だけは口からどうしても出て来ないのでした。

 

公爵邸にて

公爵邸に戻るエステルは、公爵に皇太后との会話を報告します。そこにはアンも同席しています。

エステルは、新しい誓約をしようと言ってきたこと、私たちに少し有利ではあるが渡しには良くない条件だ、皇太后が魔導士と会話しているのを盗み聞きしたが内容が少しおかしい、皇太子が死ななかったことが不本意だという話もあったし、アイリスを用意させろとも言っていたと話します。

アンは、魔導士と皇女…だとすると、それは呪いの可能性が高い、自分も詳しくは分からないが命を担保に人を呪って殺せるらしい、近い血族を生贄にすればするほど呪いの効果が高いらしい、皇女を生贄にすれば第1、2皇子をどちらも一度に片づけることができるから、第1皇子とは父親が、第2皇子とは母親が同じ血筋だから…と話します。

 

アイリスのこと

それらを聞いたエステルは、自身の母親を思い浮かべながら、いやそれでも私を殺そうとはしなかったが・・・と幼い頃の悲惨な過去を思い出します。
そして、アイリスのことを思い浮かべて、・・・彼女が可哀相ですと切なさそうに呟きます。

するとアンは、何が可哀相なんですか、親と仲が悪い人なんていくらでもいます、しかもその女は皇女じゃないですかとイラっとしながら話します。
エステルは、そうだよ、だからより選択肢がないのかもしれないと言うと、彼女はうわ言だとさらにイラっとします。

しかしながら、アンは少し落ち着いた後、すみません、だけどエステル様はとても情が深いですねと言います。

 

現在の魔塔

魔塔内の雰囲気について尋ねる公爵。
アンは、魔塔長とそれに従う勢力は皇太后を支持していて、他の魔導士たちは魔塔から抜けようと準備中だ、だが何か…少しおかしい点がある、まるで第三勢力があるような・・・と話します。

それを聞いたエステルは、第三勢力に関して、リドルかそれとも皇太子?それとも・・・と考えを巡らせるのでした。

 

エスエルを起こすアルファ

エステルが夜寝ていると、アルファが優しく起こします。事前にアルファに起こしてほしいとお願いしていたとのこと。
眠そうなエステルは、目を擦りながら濃いコーヒーが欲しい、カフェインが必要だと考えながら出かける支度をするのでした。

 

寝ているエメルの元へ行くエステル

エンドが電気を付けてあげようかと聞きますが、エステルは月明かりで十分だと心の中で答えます。

寝ているエメルを見つめながら、腕に包帯・・・また怪我をしたのかなと思います。包帯からは血が滲み出ています。

そして、精霊の力を使ってエメルを治癒するエステルは、鼻から血が流れます。

そこで、エメルが何かの気配に気づき、エステルの腕はぐいっと引っ張られます。えっ!?と言って驚くエステル。

エメルは、何者であるかにすぐに気づき、エステル?!と言って驚くのでした。

 

ある日、私は冷血公爵の娘になった 137話・感想

■ある日、私は冷血公爵の娘になった 137話の感想・見どころ【ピッコマで要チェック!!】

うーん、もどかしい展開ですね(^-^;
エステルもエメルも・・・もう少しお互い協力し合いながら、誓約石の問題を解決していけないのかなぁとどうしても思っています。

アイリスに関しては、確かに可哀相な人物ではありますよね。今まで散々酷いことをしてきましたが、あんな母親(皇太后)であれば、精神的におかしくなっても仕方ないのかもです。子供は親を選べない・・・(´;ω;`)

そして、アンが何となく感じている「第三の勢力」に関してもすごく気になります!皇太后以外にも恐ろしい敵がいるのでしょうか!??

ラストは負傷しているエメルの元へ行ったエステル。次回はどんな展開が待っているのでしょうか・・・!?来週の更新がすごく楽しみです(#^^#)

 

カカオページ&ピッコマでの連載再開情報等はこちらの記事にて紹介しています。

↓ ↓

>>10月~連載再開決定|ある日、私は冷血公爵の娘になった・まとめ記事はコチラ

 

彼らの様子は、是非公式のピッコマやカカオページにてご覧ください!!

 

次のエピソード

>>「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 138話ネタバレに続く・・・

 

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」目次

 

【関連記事】

韓国版無料先読み可能サイトや原作小説情報を詳しくご紹介しています!

>>【ある日、私は冷血公爵の娘になった】韓国版漫画や原作小説を無料先読みまとめ記事はコチラ

【関連記事】

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」結末までのあらすじネタバレをご紹介しています!(※結末を知りたくない人は絶対に見ないで下さい!!)

>>【閲覧注意】「ある日、私は冷血公爵の娘になった」結末(~最終回)・翻訳ネタバレまとめ記事はコチラ

 

他のピッコマ(LINEマンガ・COMICO)を韓国版・海外版で無料先読みしたい方!

>>韓国版・無料先読み情報等まとめ一覧はコチラ

\人気の待たずに無料で読めるサイト/

ルシア」「幼い皇后様」「沈黙の庭園」etc・・・

 

おススメの記事【結末ネタバレも!】

サイト内検索【タイトルや作者名を入力してみて下さい】

カテゴリー

アーカイブ

☆ブログ村参加中☆

大好き!Webtoon♪ - にほんブログ村
    • この記事を書いた人

    emicchi

    管理人のemicchiです。仕事の傍ら、ピッコマ等のウェブ漫画を楽しんでいます。1週間に50作品以上読んでいまして、特に韓国の恋愛漫画が多いです。 【Follow me!】ツイッターにて推し漫画を中心に感想等を呟いています♪

    -ある日、私は冷血公爵の娘になった, ピッコマ, 漫画