大好き!Webtoon♪

韓国発の恋愛漫画(翻訳ネタバレやおススメ漫画紹介)を中心に公開していきます♪

★ピッコマ大人気漫画「彼女が公爵邸に行った理由」と「ある日、私は冷血公爵の娘になった」と「公爵夫人の50のお茶レシピ」の翻訳ネタバレを公開しています。
→更新日はツイッターにて随時お知らせしています^^

ピッコマ独占配信中漫画の原作・海外サイトの紹介【先読み】

★webtoonに関する作者・コミック・単行本・小説情報をまとめています。

【PR】最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

【翻訳】彼女が公爵邸に行った理由 145話ネタバレ(最新話)


スポンサーリンク

【翻訳】彼女が公爵邸に行った理由 145話ネタバレ(最新話) 

f:id:hukusinoko:20210115165148j:plain

 

〈PR〉コミック1~4巻発売中【※下記商品ページはebookjapanにリンクしています】

【このページの目次】

 

 

≪※ネタバレの為 閲覧注意!!≫

素人による翻訳です。ですので、どうしても正確でしっかりとした翻訳で読みたい方は、以下の翻訳は読まずに大人気独占配信中のピッコマでの掲載をお待ちください。
この記事に関しては、特にノークレームでお願いします!!

●韓国版・先読みしたい方→コチラ

●登場人物の確認→コチラ

①あらすじ

≪彼女が公爵邸に行った理由のあらすじ ピッコマより抜粋≫
謎の死から小説の中に迷い込んだ「凛子」こと「レリアナ」 成金一家の娘として蘇生した彼女は、脇役で、しかも近いうちに命を落とす運命だった。 小説の中の婚約者でありレリアナ殺人事件の犯人「ブルックス」との婚約破棄を目論んだ 彼女は、王位継承者序列1位の「ノア」に近づきある取引を申し込む。 ”6ヶ月だけ婚約者のふりをしてください!” ”必要な時に婚約者としての役割を果たしてくれるなら…” 果たして2人の取引で彼女が死の運命から逃れることはできるのか!?



→前回のエピソードはコチラ

www.manga-love.xyz

 

②彼女が公爵邸に行った理由 145話・翻訳ネタバレまとめ

【※ここからは、10分位で読めます!!】

■彼女が公爵邸に行った理由 145話のまとめ【簡単に分かりやすく翻訳ネタバレをまとめました♪】
【相席をお願いされる】
列車が突然止まってしまったことについて話すノアとレリアナ。
するとそこで、車掌が訪れます。向かい側の客室の窓の留め金に異常が生じた為、留め金を新しく付けて掃除をするまで相席をお願いしたいと話します。
車掌さんの近くには、帽子を目深に被って顔がよく見えない背の高い謎の人物と碧い髪の子供が立っていました。子供の方はすごく寒がりとのことです。
レリアナはその様子を見て、そうして下さいとすぐに返事をします。その子に名前を聞くと、エミリーだと返事をしました。

【ノアを見て目を輝かせるエミリー】
謎の人物は無言でレリアナの目の前に座りました。
エミリーはノアの方を見て目をキラキラ輝かせます。そして、レリアナの耳元でこっそりと何かを囁きました。それを聞いてニコニコ笑うレリアナがすごく気になるノアはどうしたのかと尋ねます。
ただ、エミリーが言わないでと訴えたので、レリアナはノアには言わないようにするのでした。
レリアナは謎の人物に声をかけますが、何も返事がありませんでした。

【あの人はエミリーの父ではない!?】
そこで、ノアは急に立ち上がり「少し待っていて。」とレリアナに話して席を外すことになりました。すると、謎の人物も無言のまま立ち上がってノアに続くようにその場を後にしました。
レリアナは、エミリーに「お父さんが出かけるみたいだね、エミリーはお姉さんといようね。」と声をかけますが、エミリーは何故か不思議そうな表情をします。そして、私のパパは今外にいると言うのです。
エミリーの視線の先には、先程の車掌さんがいました。
「え?じゃああの人は・・・」とレリアナが呟きます。すると、さっきの謎の人物はこちらを振り向いてニヤッと笑うのでした。

【謎の人物の正体を見抜くノア】
デッキにて外の景色を眺めるノア。そこで背後から近づく人物にすぐに気が付いて声をかけます。最初は列車が動かないことに関して話し合っていました。
しかしながら、ノアが「あの騎士が・・・。」と、とある話を切り出します。
「レリアナが好きな本に出てくる主人公です。その騎士が雪原でプロポーズするんですよ。彼女の話は新しく書きましたか?今のレリアナは、あなたの見たがっていたシーンとは違うのではないのか。ベアトリスになる事を諦めたからだ。」と続けて話します。
その言葉に対して、謎の人物(女神)は、君は残念ではないのか?彼女がベアトリスに変わらなくてと、問いかけます。
残念なことはありませんと微笑みながら即答するノア。

【突然鳴り響く銃声音】
話のやりとりが続き、女神がノアに向かって手で銃のような構えをしました。そして、バンと銃声のようなものが響き渡ります。
その音を聞いて不安に思うレリアナは、客室を出ようとします。しかしながら、何をしても開かないからやめなさい。という声が聞こえてくるのでした。

 

 

③【翻訳】彼女が公爵邸に行った理由 145話・感想 

■彼女が公爵邸に行った理由 145話の感想・見どころ【ピッコマで要チェック!!】
 すぐに女神であることを見抜いてしまうノアは、さすがだなと感心しました。頭が切れるイケメン・・・本当にノアって素敵ですよね(><)!!
そして、今回のもすごく気になるようなラストでしたね。女神はノアに対して一体何をしたんでしょうか!??多分普通に考えて攻撃をした訳ではなさそうですが(^^;
次回エピソードもすごく楽しみです☆

彼らの様子は、是非公式のピッコマにてご覧ください!!

④翻訳リクエスト、受け付けます☆ 

■翻訳リクエストについて
例:「○○話のこの場面のレリアナのセリフが知りたい!!」
というような一部分の翻訳リクエストがありましたら、ツイッターやコメント欄から随時受付します。(※一部分に限ります。又、当方日中は仕事をしていますので、すぐには返信できません・・・。ご了承ください。)

⑤応援お願いします!!【ブログ村・ランキング参加中】

毎回「ポチっ」と押してくれるだけで励みになります♪応援、よろしくお願いします^^

 

 

 

 

⑥次のエピソード

【翻訳】彼女が公爵邸に行った理由 146話ネタバレ(最新話)に続く

www.manga-love.xyz

www.manga-love.xyz