大好き!Webtoon♪

韓国発の恋愛漫画(翻訳ネタバレやおススメ漫画紹介)を中心に公開していきます♪

★ピッコマ大人気漫画「彼女が公爵邸に行った理由」と「ある日、私は冷血公爵の娘になった」と「公爵夫人の50のお茶レシピ」の翻訳ネタバレを公開しています。
→更新日はツイッターにて随時お知らせしています^^

ピッコマ独占配信中漫画の原作・海外サイトの紹介【先読み】

★webtoonに関する作者・コミック・単行本・小説情報をまとめています。

【PR】最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

【翻訳】彼女が公爵邸に行った理由 144話ネタバレ(最新話)


スポンサーリンク

【翻訳】彼女が公爵邸に行った理由 144話ネタバレ(最新話)

f:id:hukusinoko:20210115165148j:plain

 

〈PR〉コミック1~4巻発売中【※下記商品ページはebookjapanにリンクしています】

【このページの目次】

 

 

≪※ネタバレの為 閲覧注意!!≫

素人による翻訳です。ですので、どうしても正確でしっかりとした翻訳で読みたい方は、以下の翻訳は読まずに大人気独占配信中のピッコマでの掲載をお待ちください。
この記事に関しては、特にノークレームでお願いします!!

●韓国版・先読みしたい方→コチラ

●登場人物の確認→コチラ

①あらすじ

≪彼女が公爵邸に行った理由のあらすじ ピッコマより抜粋≫
謎の死から小説の中に迷い込んだ「凛子」こと「レリアナ」 成金一家の娘として蘇生した彼女は、脇役で、しかも近いうちに命を落とす運命だった。 小説の中の婚約者でありレリアナ殺人事件の犯人「ブルックス」との婚約破棄を目論んだ 彼女は、王位継承者序列1位の「ノア」に近づきある取引を申し込む。 ”6ヶ月だけ婚約者のふりをしてください!” ”必要な時に婚約者としての役割を果たしてくれるなら…” 果たして2人の取引で彼女が死の運命から逃れることはできるのか!?

→前回のエピソードはコチラ

www.manga-love.xyz

 

②彼女が公爵邸に行った理由 144話・翻訳ネタバレまとめ

 

■彼女が公爵邸に行った理由 144話のまとめ
【ビビアンの葬儀の後・・・】
【葬儀後は裁判が続きました。少女に振り回され、彼の指導力に対する疑念とノアの裏工作によって、アーロンの勢力は半分になりました。 
アーロンは現実を落ち着いて受け入れ、そんなアーロンに示談を提案した結果、本当にいっぱいもぎ取る事が出来ました!】レリアナは心から喜びます。一方のノアは「?」といった感じなのでした。

【公爵邸にて書類を眺めていると・・・】
【そうやってもぎ取ったものの中にアーロンの私有地の一部と別荘が含まれていましたが・・・。】

レリアナが書類に目を通していると、列車開通式の場所を発見します。「ここに行ってみたいな・・・。」と呟きます。近くにいたノアはそれを聞いていました。

 

【列車内にて】
窓の外は雪が舞い散っています。その景色を列車内から眺めるレリアナ。感動していると、後ろから突然ノアが引き寄せます。
レリアナは少し嫌そうな雰囲気で「ちょっと見物したいので放っておいてください。」とノアに言います。しかし、彼は「ここからでも見えるよ。」と言って全く放そうとはしません。そして二人のやり取りが続きます・・・。

そしてとある本が開いていることに気が付くレリアナ。
ノアは「前にそなたが読んでいた本だ」と話します。驚くレリアナ。一方、ノアは「なんとなく。」と言いながら、そろりと彼女を思いっきり引き寄せます。

そして、ノアの膝の間にレリアナが座るような状態になりました。不便じゃないですかと尋ねるレリアナに対して、ノアは楽だよと答えます。
レリアナの頭の上にノアの顎を乗せる状態になっているので、レリアナは頭を台に使わないで下さいと呆れながら話します。

ドキドキするレリアナ。これから行く別荘がどんなところであるかを尋ねます。
直接行ったことがないからよく分からないが、別荘周辺が絶景で有名であるという話を聞いたことがあり、アーロンがすごく大事にしているところだったとノアは説明します。

そして、売買価格が気になるレリアナ。もしかしてあの時聞きましたか?とノアに尋ねます。売るつもりなのか?と、ノアは聞き返します。  

【私学財団を作りたい!!】
私学財団を一つ作るつもりです。そこに宿泊所が出来るかなと思いまして。学校を建てたいんです。
レリアナのその話を聞いたノアはすごく驚きます。そして、
あえて売らなくてもいい。ウィンナイト家にもそのくらいの財産はある。お金の心配をするとは思わなかった。
と呆れながら話しました。

超お金持ちであることを改めて実感するレリアナ。
ノアはレリアナを見つめながら、だから心配しないでやりたいようにしなさい。もし遅すぎなければと話します。
レリアナは、いつも遅いのはノアの方じゃないですかとジト目で言い返します。
ノアは、シアトリヒの小言を思い出しながらうんざりするのでした。

【良いムードになる二人】
そんな彼の様子を見てレリアナは可愛いなと思います。そして、レリアナの方からノアの頬にキスをしました。
お互い見つめあった後、唇を重ねる二人。そして良いムードになってノアの手がレリアナの背中に回ると、レリアナはビックリしてノアを勢いよく突き放します。
赤面するレリアナ。一方、ノアは誤魔化します。

ところで、急に何で私学財団なのかと尋ねるノア。

女性が通えるアカデミーを作りたい。あと、前世では教師になりたかったんです。
そのように語るレリアナ。そして、≪今はこの世界に適応して他の未来を描いてみるようになったけど≫と思いノアの手を握ります。

【あの時のあの電話は??】
レリアナはふと大学が合格した時のことを考えます。
考えてみたらあの時のあの電話・・・。女神が合格させてくれたのかな?いや、タイミングが合っただけで、女神じゃなくても電話はかかってきたはずだわ。そうよね・・・。

【急に電車が止まって・・・】
列車が急に止まってしまい、不思議に思うレリアナなのでした。

③144話のセリフを一部翻訳ネタバレ

■144話 セリフを一部翻訳ネタバレ!
【列車内のシーン】
レリアナ:「よく見えないんです!」
ノア:「そんなに視力が良くないのなら、眼鏡でも合わせようか?」
レリアナ:「あなたさえ横からいなくなれば、眼鏡はいりませんよ。」

 

④【翻訳】彼女が公爵邸に行った理由 144話・感想 

■彼女が公爵邸に行った理由 144話の感想・見どころ【ピッコマで要チェック!!】
列車内の二人のラブラブなやり取りが本当に最高でした!これは、文章だけではなく是非イラストもみて欲しいので、カカオページやピッコマで是非ご覧ください!!
因みに、ピッコマで連載中のノベル版(84話~)にも詳細が描かれていますので(私も先日読みました♪)合わせて読むと更にストーリーが楽しめるのではと思います^^

⑤韓国人読者の反応・感想

韓国人読者の感想・反応【一部抜粋してみました】
●レリアナのハイタッチのシーンが超ウケました。
●完結が見えてきましたね。小説みたいに外伝も~~~。

【それに対する私の感想】
確かにハイタッチのシーン、私も面白いと思いました!(アーロンから色々ともぎ取った後に喜ぶシーン)
何でそんなに嬉しそうなのかと不思議に思っているノアの表情もウケます(笑)
 

⑥翻訳リクエスト、受け付けます☆ 

■翻訳リクエストについて
例:「○○話のこの場面のレリアナのセリフが知りたい!!」
というような一部分の翻訳リクエストがありましたら、ツイッターやコメント欄から随時受付します。(※一部分に限ります。又、当方日中は仕事をしていますので、すぐには返信できません・・・。ご了承ください。)

⑦応援お願いします!!【ブログ村・ランキング参加中】

毎回「ポチっ」と押してくれるだけで励みになります♪応援、よろしくお願いします^^

 

 

 

⑧次のエピソード

【翻訳】彼女が公爵邸に行った理由 145話ネタバレ(最新話)に続く

www.manga-love.xyz

www.manga-love.xyz