大好き!Webtoon♪

韓国発の恋愛漫画(翻訳ネタバレやおススメ漫画紹介)を中心に公開していきます♪

★ピッコマ大人気漫画「彼女が公爵邸に行った理由」と「ある日、私は冷血公爵の娘になった」と「公爵夫人の50のお茶レシピ」の 翻訳ネタバレを公開しています。
→更新日は ツイッターにて随時お知らせしています^^

ピッコマ独占配信中漫画の原作・海外サイトの紹介【先読み】

★webtoonに関する作者・コミック・単行本・小説情報をまとめています。

【翻訳】彼女が公爵邸に行った理由 143話ネタバレ(最新話)


スポンサーリンク

【翻訳】彼女が公爵邸に行った理由 143話ネタバレ(最新話)

f:id:hukusinoko:20210115165148j:plain

〈PR〉コミック1~4巻発売中【※下記商品ページはebookjapanにリンクしています】

【このページの目次】

 

 

≪※ネタバレの為 閲覧注意!!≫

素人による翻訳です。ですので、どうしても正確でしっかりとした翻訳で読みたい方は、以下の翻訳は読まずに大人気独占配信中のピッコマでの掲載をお待ちください。
この記事に関しては、特にノークレームでお願いします!!

●韓国版・先読みしたい方→コチラ

●登場人物の確認→コチラ

①あらすじ


≪彼女が公爵邸に行った理由のあらすじ ピッコマより抜粋≫
謎の死から小説の中に迷い込んだ「凛子」こと「レリアナ」 成金一家の娘として蘇生した彼女は、脇役で、しかも近いうちに命を落とす運命だった。 小説の中の婚約者でありレリアナ殺人事件の犯人「ブルックス」との婚約破棄を目論んだ 彼女は、王位継承者序列1位の「ノア」に近づきある取引を申し込む。 ”6ヶ月だけ婚約者のふりをしてください!” ”必要な時に婚約者としての役割を果たしてくれるなら…” 果たして2人の取引で彼女が死の運命から逃れることはできるのか!?

→前回のエピソードはコチラ

www.manga-love.xyz

 

②彼女が公爵邸に行った理由 143話・翻訳ネタバレまとめ

【※ここからは、10分位で読めます!!】

■彼女が公爵邸に行った理由 143話のまとめ【簡単に分かりやすく翻訳ネタバレをまとめました♪】
●変わったことが一つもないから心配であるレリアナ。相変わらず何も終わっていないんじゃないかな?と思う。
●ヒーカーの神力によりレリアナの傷ついた手は、すぐに綺麗になった。→微笑むレリアナ。
●「傷跡は残っていませんか?」と背後からノアが声をかける。→「私が誰だと思ってそういう聞き方をするんだ?」と怒るヒーカー。
●言い合いになって呆れるレリアナは「ここはどうやって知って来たのですか?」と尋ねる。ヒーカーは「チェイモス王にゲートを繫げるように協力してほしいと頼んだいう話を聞いたからだ。」との事。
●ヒーカーの説明を聞いたレリアナ。ノアは全部知っていた事を知って驚く。「全部知っていたんですね?」と聞くと、ノアは満面の笑みで「うん?」とはぐらかす。
さらに、わざとコップを落として割るノア。「コップが割れたね。侍女を呼ばないと。」と話す。≪私はすごく心配していたのに!どうして瞬時に島に行こうなんて思いつくの?≫と呆れ果てる。
●そこで侍女が入室。「ノア、喉が渇いたわ。」と言うレリアナに水が入ったコップをノアは笑顔で手渡す。→「いえ、考えてみると水よりもお茶が良いと思います。」と言うと、すぐに「お茶を持ってきてくれ。」と侍女に頼む。そして次々に要求をしていくレリアナ。→その様子を眺めていたヒーカーとアダムは目が点になる。
●「島?逃亡?どれほど気を揉んだ事か」と怒りながら言うレリアナ。「冗談だった。」と素直に謝るノア。→必死に機嫌を取ろうするノアに対して≪今回だけ多めに見るわ≫と思うレリアナ。
●ビビアンの葬式に参列するレリアナ。そこで、ジャスティンが声をかける。「本当にすみませんでした。」と頭を下げて言う彼に対して「え?急に何が悪いって言うのですか?」と尋ねる。→ビビアンがしたことについて謝るとの事。
ジャスティンがその場を後にすると、ノアが「何の話をしたんだ?」とレリアナに尋ねる。→「ありがとうございます。」と返答するレリアナに対して驚く彼。そして、レリアナは「私がビビアンシャマルを殺害した犯人を殺したからです。」と振り向いて話す。ノアは辛そうな表情をすると、優しくレリアナの手を握るのであった。
●そこで、ブレイク公爵が姿を見せる。それを見たビビアンの父は「出ていけ!」と大声で叫ぶ。→すぐにイライラしながら退場するブレイク公爵。→後日、その事が新聞に掲載されるのであった。

③143話のセリフを一部翻訳ネタバレ

■143話 セリフを一部翻訳ネタバレ!
【冒頭のシーン】
ヒーカー「・・・だからもう心配ない。」
レリアナ「・・・。」
ヒーカー「どうしたんだ?」
レリアナ「変わったことが1つもないからです。」

 

④【翻訳】彼女が公爵邸に行った理由 143話・感想 

■彼女が公爵邸に行った理由 143話の感想・見どころ【ピッコマで要チェック!!】
今回は、レリアナとノアのやり取りがすごく面白かったです!
全てを知っていたのに教えずに南の島の逃亡話を本気で進めようとするノアに対して、ぷんぷん怒るレリアナ。
レリアナが畳みかけるように訴える「水が飲みたい。」「やっぱりお茶が欲しい。」「背中のクッションが不便だわ。」「いえ、それじゃないです。」等を全部笑顔で聞き入れるノアの姿。そして、その様子を眺めるアダムとヒーカー。彼らの目が点になっている様子(⦿_⦿)も、読んでいて思わず笑ってしまいました!
いつも他人に対しては冷酷・非情な雰囲気のノアですからね~。それを知っているからこそ、レリアナに対しての溺愛っぷりを見ると驚きを隠せませんよね。
普段とのギャップが激しすぎです!!・・・でも、そこが彼の最大の魅力ですよね。ツンデレ最高ヾ(。>﹏<。)ノ

きっと近い将来、ノアは尻に敷かれてしまうんでしょうね~。外伝もコミカライズされるのでしたら、是非その辺も読みたいなぁと切に願っています(><)!!!

彼らの様子は、是非公式のピッコマにてご覧ください!!

⑤韓国人読者の反応・感想

韓国人読者の感想・反応【一部抜粋してみました】
●ビビアンだけは、本当に可哀相です。
●ビビアンは利用されて亡くなったんだね・・・。
●もうすぐ終わりだよね・・・。

→この漫画のラストが近い雰囲気なので、全体的にネガティブなコメントが多かったです。まぁ、それも面白い漫画が最終回に近づいていくことを皆さん残念に思っているという事ですから、仕方がないんですけどね(泣)
あ、私もその残念に思う一人でした(^^;
 

⑥翻訳リクエスト、受け付けます☆ 

■翻訳リクエストについて
例:「○○話のこの場面のレリアナのセリフが知りたい!!」
というような一部分の翻訳リクエストがありましたら、ツイッターやコメント欄から随時受付します。(※一部分に限ります。又、当方日中は仕事をしていますので、すぐには返信できません・・・。ご了承ください。)

⑦応援お願いします!!【ブログ村・ランキング参加中】

毎回「ポチっ」と押してくれるだけで励みになります♪応援、よろしくお願いします^^

 

 

 

 

⑧次のエピソード

【翻訳】彼女が公爵邸に行った理由 144話ネタバレ(最新話)に続く

www.manga-love.xyz