大好き!Webtoon♪

韓国発の恋愛漫画(翻訳ネタバレやおススメ漫画紹介)を中心に公開していきます♪

★ピッコマ大人気漫画「彼女が公爵邸に行った理由」と「ある日、私は冷血公爵の娘になった」と「公爵夫人の50のお茶レシピ」の翻訳ネタバレを公開しています。
→更新日はツイッターにて随時お知らせしています^^

ピッコマ独占配信中漫画の原作・海外サイトの紹介【先読み】

★webtoonに関する作者・コミック・単行本・小説情報をまとめています。

【PR】最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

(翻訳)「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 113話ネタバレ


スポンサーリンク

(翻訳)「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 113話ネタバレ 

f:id:hukusinoko:20201231103546j:plain

【このページの目次】

 

 

 

作画 Cotton  原作 Siya  kakaopage   恋愛漫画

①あらすじ

【あらすじ ピッコマより抜粋】

娼婦に育てられた少女「ピンクアイ」。2万ゴールドで売られた先は、魔族の家系の公爵家でした。新しく「エステル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なエステル。自分のピンク色の目にもなにやら秘密があるようで… かわいいエステルのドキドキほのぼの令嬢生活が始まるよ!

→前回のエピソードは、コチラ

www.manga-love.xyz

 

 

②ある日、私は冷血公爵の娘になった 113話・翻訳ネタバレまとめ

【※ここからは、10分位で読めます!!】

■ ある日、私は冷血公爵の娘になった113話のまとめ【簡単に分かりやすく翻訳ネタバレをまとめました♪】
【皇女の告白・・・】
アイリス皇女は好きな人が出来たみたいですと、エステルに話します。
どんな人かを尋ねると、レイモンドの若い侯爵ですと返答しました。

そこで、使用人が入室して、第二皇子様がカスティージョ公女様をお探ししておられます。と声をかけてきます。その為、二人のお茶会はお開きになりました。

≪リドルが私に何の用かしら?≫と思うエステル。

【リドルとの会話】

 リドルの元を訪れるエステル。

リドルは、何の用もないが、アイリスがあまりにも長くつかまえているようだったから、離してあげようとしたんだ。ひょっとして余計なことだったかな?と言います。
ノーコメントと返答するエステル。


リドルは汚染された領地をどうやって回復させたんだ?ソラード伯爵領に関する噂が首都まで広まっていたよ。君が精霊士じゃなくて?と尋ねます。それに対し、エステルは上手くはぐらかしました。

リドルは、新しいレイモンド侯爵、誰だか知っている?と尋ねます。

それに対してエステルは、いいえ、それをどうして聞くのですか?と聞き返します。

リドルは、ただ知っているのかなと思って。何でもないよ、早く行きなさい。と笑顔で返答しました。

エステルは不安めいた表情でその場を後にするのでした。


【レイモンド侯爵の正体】
アイリス皇女のティーパーティーに参加するエステル。
レイモンド侯爵を招待しているとのことで、早速彼を呼ぶようにするアイリス。
エステルは、侯爵の姿を見て時が止まったかのように目を見開いて驚きます。
レイモンド侯爵はエメルでした。
そして彼は、無表情でこちらをじっと見つめるのでした。

③【翻訳】ある日、私は冷血公爵の娘になった 113話・感想 

■ある日、私は冷血公爵の娘になった 113話の感想・見どころ【ピッコマで要チェック!!】
遂に、新しいレイモンド侯爵の正体がはっきりと分かりましたね。
その人物がエメルだということを知ったエステルは、かなりの衝撃が走っているみたいで・・・自分だけ知らなかったのですし、以前散々な別れ方をしているのですから、そりゃあショックですよね(><)
次回エピソードはどうなってしまうのでしょうか!??今から気になります。

二人の様子は、是非公式のピッコマにてご覧ください!!

④翻訳リクエスト、受け付けます☆ 

■翻訳リクエストについて
例:「○○話のこの場面のエステルのセリフが知りたい!!」
というような一部分の翻訳リクエストがありましたら、ツイッターやコメント欄から随時受付します。(※一部分に限ります。又、当方日中は仕事をしていますので、すぐには返信できません・・・。ご了承ください。)

⑤応援お願いします!!【ブログ村・ランキング参加中】

毎回「ポチっ」と押してくれるだけで励みになります♪応援、よろしくお願いします^^

 

 ⑥次のエピソード

(翻訳)「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 114話ネタバレに続く

www.manga-love.xyz

www.manga-love.xyz