大好き!Webtoon♪

韓国発の恋愛漫画(翻訳ネタバレやおススメ漫画紹介)を中心に公開していきます♪

★ピッコマ大人気漫画「彼女が公爵邸に行った理由」と「ある日、私は冷血公爵の娘になった」と「公爵夫人の50のお茶レシピ」の翻訳ネタバレを公開しています。
→更新日はツイッターにて随時お知らせしています^^

ピッコマ独占配信中漫画の原作・海外サイトの紹介【先読み】

★webtoonに関する作者・コミック・単行本・小説情報をまとめています。

【PR】最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

(翻訳)「公爵夫人の50のお茶レシピ」49話 ネタバレ


スポンサーリンク

(翻訳)「公爵夫人の50のお茶レシピ」49話 ネタバレ

f:id:hukusinoko:20210115175047j:plain

 

【このページの目次】

 

①あらすじ

 (公爵夫人の50のお茶レシピ ピッコマより抜粋)

 これまで人の目を気にしながら生きてきた楓は、ある日押し付けられた仕事で失敗し会社をクビになった。ヤケ酒を飲み、泣きながら眠りについた楓が目を覚ますと、なんと公爵夫人になっていた。しかし、楓が転生した公爵夫人は夫からも関心を持たれず、挙句の果てには使用人からもいじめられる始末。楓はそんな生活から少しの間だけでも逃れるため、唯一の楽しみであるお茶を飲むことにした。お茶オタクが繰り広げる異世界転生ロマンスが今始まる!

→前回のエピソードは、コチラ

www.manga-love.xyz

・先読み・韓国版を読みたい方→コチラ

・登場人物の確認→コチラ

 

 

②公爵夫人の50のお茶レシピ 49話・翻訳ネタバレまとめ

【※ここからは、10分位で読めます!!】

■公爵夫人の50のお茶レシピ 49話のまとめ【簡単に分かりやすく翻訳ネタバレをまとめました♪】
●トリプルスイートにて。
店員は「最近皇帝陛下も嗜まれている飲み物、紅茶というものです、夫人。一度試飲されてみませんか?」と、笑顔で周りの夫人達に声をかける。夫人達は躊躇うものの、次々と店員の周りに駆け寄って来た。→クロエは≪やっぱり、新しいお茶を披露するには試飲会が最適だわ。≫と思う。
●アイスレモンティーを夫人達に出す店員。その様子を見て≪又、レモネードという飲み物は、慣れている人々にはすぐに魅力的なものになるでしょうね。≫と考えるクロエ。→大人気の為レモンティーがなくなってしまう。
●温かい紅茶をお願いする夫人。→クロエは≪アッサムも独特の香りと味のおかげで、ある程度人気があるわね。アッサムとシンハラ両方とも輸入しなければならないわ。≫と考察。

●公爵邸に男性商人達が取引する為お茶を持って訪れる。→クロエを見て「帝国人ならお茶について知らないのではないか?あの公爵夫人本当に怪しいです。」等囁き合う。→だが、2か月前、帝国にある全てのお茶を全部かき集めていったという帝国人がクロエ本人である事実を知って、非常に驚く。
●長時間に渡ってお茶を試飲するクロエ。その様子を眺める商人達は呆れているのであった。

●商人達との取引が終わり、アルフォンスと話すクロエ。ふと、アリアナの事を思い出します。
●「だけど心配しないで下さい。私がアルフォンスを好きになることは決してないでしょうから。」微笑みながら話す彼女。→アルフォンスは酷くショックを受けるのであった。

③【翻訳】公爵夫人の50のお茶レシピ 49話・感想 

■公爵夫人の50のお茶レシピ 49話の感想・見どころ【ピッコマで要チェック!!】
●特に今回印象的だったシーンは、クロエの言葉に対してアルフォンスがショックを受けた場面です。ちょっと鈍感なクロエもクロエですが、アルフォンスの方も愛がいまいち伝わっていなかったということで何か(言葉・態度etc…)がきっと足りなかったんだと思うのですよね。
いくら夫婦とはいえ契約結婚から始まっていますから、もっとちゃんと気持ちを伝えて、信頼関係を築いていってほしいと思います(><)
次回、アルフォンスはクロエに対して何て言うのでしょうか!??すごく気になります☆
 
二人の様子は、是非公式のピッコマにてご覧ください!!

④翻訳リクエスト、受け付けます☆ 

■翻訳リクエストについて
例:「○○話のこの場面のクロエのセリフが知りたい!!」
というような一部分の翻訳リクエストがありましたら、ツイッターやコメント欄から随時受付します。(※一部分に限ります。又、当方日中は仕事をしていますので、すぐには返信できません・・・。ご了承ください。)

⑤応援お願いします!!【ブログ村・ランキング参加中】

毎回「ポチっ」と押してくれるだけで励みになります♪応援、よろしくお願いします^^

 

 

 

 

⑥次のエピソード

(翻訳)「公爵夫人の50のお茶レシピ」50話 ネタバレに続く

www.manga-love.xyz

www.manga-love.xyz

⑦関連コンテンツ