大好き!Webtoon♪

韓国発の恋愛漫画(翻訳ネタバレやおススメ漫画紹介)を中心に公開していきます♪

★ピッコマ大人気漫画「彼女が公爵邸に行った理由」と「ある日、私は冷血公爵の娘になった」と「公爵夫人の50のお茶レシピ」の翻訳ネタバレを公開しています。
→更新日はツイッターにて随時お知らせしています^^

ピッコマ独占配信中漫画の原作・海外サイトの紹介【先読み】

★webtoonに関する作者・コミック・単行本・小説情報をまとめています。

【PR】最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

(翻訳)「公爵夫人の50のお茶レシピ」48話 ネタバレ


スポンサーリンク

(翻訳)「公爵夫人の50のお茶レシピ」48話 ネタバレ

 

f:id:hukusinoko:20210115175047j:plain

 

【このページの目次】

 

 

①あらすじ

 (公爵夫人の50のお茶レシピ ピッコマより抜粋)

 これまで人の目を気にしながら生きてきた楓は、ある日押し付けられた仕事で失敗し会社をクビになった。ヤケ酒を飲み、泣きながら眠りについた楓が目を覚ますと、なんと公爵夫人になっていた。しかし、楓が転生した公爵夫人は夫からも関心を持たれず、挙句の果てには使用人からもいじめられる始末。楓はそんな生活から少しの間だけでも逃れるため、唯一の楽しみであるお茶を飲むことにした。お茶オタクが繰り広げる異世界転生ロマンスが今始まる!

→前回のエピソードは、コチラ

www.manga-love.xyz

・先読み・韓国版を読みたい方→コチラ

・登場人物の確認→コチラ

 

 

②公爵夫人の50のお茶レシピ 48話・翻訳ネタバレまとめ

【※ここからは、10分位で読めます!!】

■公爵夫人の50のお茶レシピ 48話のまとめ【簡単に分かりやすく翻訳ネタバレをまとめました♪】
●クロエは皇帝に3種類のダージリンを用意する。まずはファーストフラッシュ。皇帝は「舌と口が渇くような感じがするな。」と言って少し驚いた様子。→お茶はどれもある程度そんな感じがしますが、特にダージリンファーストフラッシュは酷い方だと説明。
●次にセカンドフラッシュ。果物の甘みが強く、調和するんだな。と皇帝は笑顔で話す。
●最後に、オータムナルを飲む皇帝。悪くはないが・・・。この年寄りの味覚には甘すぎるな。このお茶はすぐ飽きてしまいそうだと話す。
●「夫人は何でも知っているな。契約書を公爵邸に送るから確認してくれ。今日のもてなしと取引に感謝する、公爵夫人。」と称賛し、クロエは王城を後にする。

●アーサーと恋人のイゾルデが会話を弾ませる。→内容はクロエとお茶の話。
●アーサーはクロエとは友人であると言い、さらに「お茶の腕前は最高なんだ。本当に不思議で美味しいお茶をたくさんもてなされたよ。」とイゾルデに説明する。

●貴婦人達が集まるお茶会にて、イゾルデは貴婦人達にお茶を出してもてなす。「こんなに早く紅茶を買われるなんて!」「皇帝陛下と皇子殿下に続いて、社交界の花、イゾルデ令嬢まで・・・。」と言われて、イゾルデはにっこりと微笑む。

●トリプルスイートで茶葉を販売することを真剣に考慮しなければと思うクロエ。→「果たして帝国人はお茶の真の香りを味わうことが出来るのでしょうか?」と疑問に思う財務官・ヨジン。→「それを可能にすることが私たちの役割じゃないですか。」笑顔できっぱりと答えるクロエ。
●「バラトのアッサム、そしてシンハラのお茶が良いですね。」と提案するクロエ。ヨジンも同感である様子。
●家でも簡単に飲めるくらいが良いだろう。と思う彼女。「あ!」と何かひらめいた様子のクロエであった。

③【翻訳】公爵夫人の50のお茶レシピ 48話・感想 

■公爵夫人の50のお茶レシピ 48話の感想・見どころ【ピッコマで要チェック!!】
●3種類のダージリンを皇帝にお出ししたクロエ。最後は皇帝の信頼をしっかりと得ることが出来ました!何せ、帝国最大の取引相手なのではと思う位の相手ですからね。今回のお茶の提供は大成功を収めることが出来て、本当に良かったです^^
●今回のアーサーといちゃついていたのは、イゾルデという女性でした。あれ、前回とは違う・・・(^^;さすが女性好きであらせられます(笑)
そして、イゾルデはお茶の話を聞いて早速お茶会で披露していましたね~。行動が早くてびっくり!!でも、その行動の速さが流行の最先端を走っている事のアピールに繋がりますからね。他の貴婦人から賞賛の声をたくさん聞くことが出来て優越感たっぷりのイゾルデでした☆

●最後は、クロエはお店で扱うのに適したお茶を考えていましたね。何か思いついた様子ですが、それは一体どんなお茶なのでしょうか!??次回が気になりますね♪

●彼ら様子は、是非公式のピッコマにてご覧ください!!

④翻訳リクエスト、受け付けます☆ 

■翻訳リクエストについて
例:「○○話のこの場面のクロエのセリフが知りたい!!」
というような一部分の翻訳リクエストがありましたら、ツイッターやコメント欄から随時受付します。(※一部分に限ります。又、当方日中は仕事をしていますので、すぐには返信できません・・・。ご了承ください。)

⑤応援お願いします!!【ブログ村・ランキング参加中】

毎回「ポチっ」と押してくれるだけで励みになります♪応援、よろしくお願いします^^

 

 

 

 

⑥次のエピソード

(翻訳)「公爵夫人の50のお茶レシピ」49話 ネタバレに続く

www.manga-love.xyz

www.manga-love.xyz

⑦「公爵夫人の50のお茶レシピ」48話・翻訳の感想

こんにちは!

今回のエピソードで出てきた言葉で「シンハラ」「シロン」って何だろう??と思い調べてみました。ご存じな方も多いかもしれませんが、何せ無知なもので・・・(^^;

「シンハラ」→スリランカの事を意味していると思います。コトバンクのurlを以下に掲載しておきますね。

https://kotobank.jp/gs/?q=%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%83%A9

又、「シロン」というのはインド北東部辺りを意味していると思います。こちらも参考までにurlを掲載します。

https://kotobank.jp/word/%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%83%B3-81257

とっても勉強になりました!!それでは、今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました^^