ピッコマ漫画ライフ

ピッコマ連載中の恋愛漫画(翻訳ネタバレやおススメ漫画紹介)を中心に公開していきます♪

【 当サイトの簡単なご紹介♪ 】

★ピッコマにて大人気連載中漫画「彼女が公爵邸に行った理由」と「ある日、私は冷血公爵の娘になった」と「公爵夫人の50のお茶レシピ」の翻訳ネタバレを公開しています。(素人による翻訳ですので、少々言い回しが違うところがあるかもしれませんがご了承下さい。)→更新日はツイッターでお知らせしていますので、是非フォローの方よろしくお願いします^^

ピッコマ独占配信中の原作・海外(主に韓国 )サイトの紹介をしています。先読みしたい方におススメ。

★ピッコマ独占配信中の人気漫画に関するコミック・単行本・動画情報をまとめています。

「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」57話のネタバレ


スポンサーリンク

 

「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」57話のネタバレ

f:id:hukusinoko:20191113141127j:plain

 

「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」は、ピッコマにて大人気独占配信中の韓国の恋愛ファンタジー漫画です。

原作Nokki 作画AhBin 原題「양판소 주인공의 아내로 살아남기 」


毎週金曜日12時にピッコマで最新話が更新されています。
( ※韓国版の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」を読みたい方は コチラ )

 

 ≪あらすじ ピッコマより抜粋≫
よくあるファンタジー小説。私、その小説の妃になってしまいました。正しくは、主人公の手で殺される悪の脇役で、しかも金遣いの荒い悪妻! でも、子供の頃から尽くす妃を演じたら、首が跳ね飛ばされるのは避けられるかも? よし。今から、私の目標は無事に離婚すること! だったはずなのに…ちょっとした誤解が大きな波紋を呼び、計画は大迷走。私、本当に無事に離婚できるかな⁉

 

 

セドラは年中暖かい気候と豊かな土地に恵まれている。

そこに位置するパルメニア帝国。土地を狙う近隣諸国との戦争に勝ち続け、長い歴史を守って来た。

この強力な帝国には、首都の西に領地をもつランカスター家と、東に領地をもつファーンハム家という、大きな二つの勢力があった。

皇室は政略婚で、この両家のバランスを保ってきたのだ。

ランカスター家とファーンハム家は皇室の歴史とともに存在し、ライバルの関係にあった。

 

ファーンハム家から長女エブゲニアを皇后として迎えたため、次はランカスター家のグレイシーを皇后に据える予定だった。

セザールが皇帝になった際に、両家の勢力のバランスを保つためである。

だがここ数百年の間、維持してきた両家の均衡が崩れ始めていた。

 

そして現在。

ジェラルドは、「貪欲なアルベルト子爵・・・この人は、我々家門を知りすぎた。くだらない好奇心さえ持たなければ、一族が皆殺しになるのは避けられただろうに残念だな・・・。」と話す。

「我が家門の秘密を知った以上裏切る可能性が皆無とは言えない。そういうリスクは取り除いた方が安全だ。君もそう思わないか?」とオスカーに尋ねるが、オスカーは「・・・。」と返事をしなかった。

 

「姉さんから聞いたよ。最近ミスが多いと・・・。まさか変な気を起こしたわけじゃないよな・・・?」と言うジェラルド。

「君もまた我が家門を誰よりよく知る者だ。僕は裏切るまで待ってやらないぞ。」と言い、オスカーの首元に剣を突きつける。

「いくら君でも容赦しない。家門を脅かす者は全て取り除くのがファーンハム家の頭である僕の使命だから。」と言う。

 

一方その頃、カナリアは・・・。

フードを被り、人目につかないように馬車に乗り込んでいた。

≪毎回皇后に疑われないようぬ気を遣うのも一苦労ね。外出の言い訳もそろそろ底をつきそうだし・・・。≫ため息を付きながらそう思うカナリア

≪誰か私のフリをしてくれる人いないかな。≫と考えていると、≪目の前に座っているイーサン卿を変装させては・・・。≫と思いついた。

カナリアにやたらとジロジロ見られるので、「・・・カナリア妃?」と気になったイーサン。彼女に聞くも、「なんでもないです。次の日程は何ですか?」と流された。

この後の予定は、セザールとの食事会だ。そこでイーサンの師匠がやってくるらしく、イーサンは震えていた。

 

≪師匠って・・・セザールや彼の側近に剣術を教えていたブレアのことね!≫と、小説の内容を思い出すカナリア

≪間って・・・ブレアは確か魔法使い!彼の「あの」魔法を使えばエブゲニア皇后から疑われることなく自由に動けるかも!≫と考えた。

≪セザールの師匠ブレアは、こっち世界でも珍しい魔法使い。声を変える魔法を使った変装術が得意!≫

 

実際に会ってみると、魔法が使えるためか私よりずっと若く見えた。

≪私の代わりにブレアが変身し宮殿にいてくれれば、私はもっと自由に動き回れる・・・!事情を打ち明ければ協力してくれるかな?≫

「ブレアはその優しげな容姿と裏腹に、弟子にかなり厳しいらしく、カナリアが彼ら相手に苦労しているのではないか、後で厳しく躾けておきます。」と言う。

セザールがよく拗ねることも話題になり、カナリアが彼の失態を話そうとした為、セザールが慌てて止める。

カナリアとセザールの仲睦まじい様子を見たブレアは、セザールの出征が決まったときを思い出した。

皇子であるセザールを不利な南部戦争に送るなんて罠だ、今からでも出征を見送ることはできないのかと、ミラーやブレアがセザールを止めようとしたが、セザールは、戦争に勝利すれば皇室での地位を固めることができるから。」と首を縦に振らなかった。

「死んでしまえば元も子もない。」とブレアは言うが、「必ず生きて帰ると彼女と約束したのだと、セザールが言い切ったのだった。

≪どんな女性がセザールの心を射止めたのかと思いきや、このように本当に大好きなのだな≫と、ブレアは微笑んだ。

カナリアはブレアが軍服を着ていることに気づき、「ブレア師匠も騎士として皇宮に勤めるのですか?」と問う。

だがブレアは引退する予定で、ひと仕事終えたので、最後の挨拶をしにきたのだという。

引退と聞き思わず、「駄目です!」と大声を出し、立ち上がるカナリア

カナリアは「あ、すみません。」と我に返り、「まだ正式に皇位継承していないので・・・私たちの力になって頂けたらな・・・と思いまして。」と説明する。

どうしてもこのままブレアを失うわけにはいかない、土下座してお願いしてみようかと思うほど、カナリアは必死だ。

セザールはカナリアに説明するが、ブレアは「いいでしょう。」と返事をする。

カナリア妃の頼みですから。もう少し働くことにします。」というブレア。

喜ぶカナリアに、「今日初めてお会いしたのになぜこんなに喜ぶんだ?」と驚くセザール。

≪この二人を見ていると何だか楽しいな。弟子たちの様子も気になるし・・・。引退をもう少し先送りにするか≫

とブレアは、二人を見つめながら思うのだった。

 

「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」58話のネタバレに続く

 

www.manga-love.xyz