ピッコマ漫画ライフ

毎日の楽しみであるピッコマの漫画(翻訳ネタバレやおススメ漫画紹介)を中心に公開していきます♪

【当サイトからのお知らせ】

※ピッコマにて大人気連載中漫画「彼女が公爵邸に行った理由」と「ある日、私は冷血公爵の娘になった」と「公爵夫人の50のお茶レシピ」を翻訳をしております。当方,韓国語はわかりません(^^;

素人による翻訳ですので、少々言い回しが違うところがあるかもしれませんがご了承下さい。

それでもよろしければ、随時ネタバレしておりますので、ご覧下さい!

 

俺だけレベルアップな件 80話ネタバレ


スポンサードリンク

俺だけレベルアップな件 80話ネタバレ

 

f:id:hukusinoko:20191119122119j:plain

 
DUBU(REDICE STUDIO)  Chugong h-goon
kakaopage  ピッコマ独占配信中 ファンタジー漫画 毎週金曜日12時に更新中

 ●韓国版を読む方法は コチラ!

 ●俺だけレベルアップな件は「ピッコマ BEST OF 2019」に選ばれました!

  →関連記事は コチラ!

【あらすじ ピッコマから抜粋】

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。 ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。 人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。 ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。 「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!? 「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!? 果たして「旬ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!!

 

 

夜、葵が眠ったのを確認した旬。
≪自分がいない間、葵に近づくものがいるかもしれない≫

そう考えて、キバの護衛だったハイオークの影を召喚する。
4体いたはずだが、3体しかいない。
もう1体は旬が何度も天井に叩きつけて殺した護衛で、そのまま抽出するのを忘れてしまったようだ。
2体は戻し、残った1体の護衛の影に「妹を守れ。」と命じた。
ハイオーク護衛は、葵の影に吸い込まれるように同化した。
「ついでに治安対策もしてみるか。」そう言うと、今度は屋上に影の歩兵たちを呼び出す。
「お前たちは自警団だ、他人の目につかないよう見回れ。」「すぐパトロールしてこい。」と命じた。
「これでいきなり通り魔が現れたとしても、上級ハンターでもない限り影の歩兵たちを倒すことなどできないだろう。少しは世の中の役にたてるかな。」と呟くのであった。


翌朝。賢太の運転する車に乗り込む。
「不便はなかったか?」と旬が聞くと、「なかなかいいホテルでした。」と答える賢太。
旬は「ギルドのオフィスが決まるまでしばらくそこで過ごしてくれ。」と言う。

≪まさか諸菱建設のギルドマスターを蹴ってくるとは思わなかった。そこまでしてくれた人を突き放すことはできない≫
「こんな早い時間にDSタワーに何の用事なんですか?」と賢太が尋ねる。

旬は「行ってくる。」とだけ言い、車から降りたのであった。

 

 

そして、旬は悪魔城に再び入場した。
これからは一気に難易度が上がるため、オークションで購入したフィールド対策用の風のローブや水属性魔法の指輪を装備する。


すると、悪魔の魂を集めるクエスト(2)が発生。
【悪魔城最上階にいる悪魔の君主バランを倒し、魂を得よ】というものだ。
報酬の最上級ルーン石は、影の交換という職業専用スキルが習得できるというものだ。
影の抽出、影の保管、君主の領域と、どの職業専用スキルも、それ一つでかなりの効果をもたらした。今回も期待できそうだ。
【悪魔城は1階から76階まで解放されているが何階に移動しますか】とシステムに聞かれたので、迷わず「76階。」と答えた。
旬は禍々しいオーラに包まれるのであった。


そして、様々な悪魔が待ち構えているエリアに到着。
キバは貪欲の玉を使い巨大化し、豪炎を放つ。
すると、あっという間に多くの悪魔を焼き殺した。
その凄まじい威力に、≪貪欲の玉はやはりキバに持たせておくべきだな≫と思う。


その頃、諸菱父は倒れてから2日目でようやく目覚めたところだった。
医師に「何が原因ですか?」と聞くと、「近親のもので覚醒者が現れなかったか?」と聞かれる。
「どういうことですか?」と聞き返すと、「溺睡症というのを聞いたことはないですか?」と言われる。
目覚めることの無い眠りに襲われる溺睡症は、ただ単に目覚めないというだけではなく、患者の生命力をかなりの速度で消耗する病気のため、魔力を使った生命維持装置が必要なのだ。

 

 

ゲートが現れるようになってから発生し始め、生命維持装置を借りる余裕のない人を大勢死に追いやった病気である。
医師は、「頻繁に眠くなり、やがてそのまま目覚めることができなくなります。」と説明する。
それが「何故覚醒者と関係があるのですか?}と聞くと、「先天的に魔力に耐性がない人が、長期に渡り魔力にさらされ続けていると溺睡症を発症するのです。」という。
注意すべきは、魔法石、マナ石、そして魔力を保有する人なのだと。
「いきなり症状が現れたのをみると、濃厚接触したのかもしれません。会長のご家族に覚醒したものはいますか?」と聞かれる。
それは賢太だ。魔力は日々研究され、あらゆるところで使われてきている上に、魔力を持つ人も増えてきている。
≪そのような世界で魔力に耐性がないということは。淘汰されたも同然だ≫と現実に打ちのめされるのであった。


一方、DFNのある島では・・・蟻が生きたまま上陸することに成功したのであった。

 

 

俺だけレベルアップな件 81話ネタバレに続く

 

 

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村