大好き!Webtoon♪

韓国発の恋愛漫画(翻訳ネタバレやおススメ漫画紹介)を中心に公開していきます♪

★ピッコマ大人気漫画「彼女が公爵邸に行った理由」と「ある日、私は冷血公爵の娘になった」と「公爵夫人の50のお茶レシピ」の翻訳ネタバレを公開しています。
→更新日はツイッターにて随時お知らせしています^^

ピッコマ独占配信中漫画の原作・海外サイトの紹介【先読み】

★webtoonに関する作者・コミック・単行本・小説情報をまとめています。

【PR】最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

【翻訳】彼女が公爵邸に行った理由 124話ネタバレ(最新話)


スポンサーリンク

【翻訳】彼女が公爵邸に行った理由 124話ネタバレ(最新話)

 

f:id:hukusinoko:20210105072627j:plain

彼女が公爵邸に行った理由 4 (フロース コミック) [ Whale ]

価格:1,034円
(2020/12/26 06:46時点)
感想(0件)

【このページの目次】

 

 
≪※ネタバレの為 閲覧注意!!≫

素人による翻訳です。
どうしても正確でしっかりとした翻訳で読みたい方は、以下の翻訳は読まずに大人気独占配信中のピッコマでの掲載をお待ちください。

この記事に関しては、特にノークレームでお願いします!!

●韓国版・先読みしたい方→コチラ

●登場人物の確認→コチラ

①あらすじ

≪彼女が公爵邸に行った理由のあらすじ ピッコマより抜粋≫
謎の死から小説の中に迷い込んだ「凛子」こと「レリアナ」 成金一家の娘として蘇生した彼女は、脇役で、しかも近いうちに命を落とす運命だった。 小説の中の婚約者でありレリアナ殺人事件の犯人「ブルックス」との婚約破棄を目論んだ 彼女は、王位継承者序列1位の「ノア」に近づきある取引を申し込む。 ”6ヶ月だけ婚約者のふりをしてください!” ”必要な時に婚約者としての役割を果たしてくれるなら…” 果たして2人の取引で彼女が死の運命から逃れることはできるのか!?


→前回のエピソードはコチラ

www.manga-love.xyz

 

②彼女が公爵邸に行った理由 124話・翻訳ネタバレまとめ

【※ここからは、5分位で読めます!!】

■彼女が公爵邸に行った理由 124話のまとめ【簡単に分かりやすく翻訳ネタバレをまとめました♪】
●ベアトリスが離宮に火をつけた。そして、そこにはビビアンも一緒にいて、両方処理したいことをシアトリヒに伝えるノア。もしくは、聖下がモールシアに行くためゲートを開けて欲しいことも伝える。

●イオシャは、公爵邸に連れて来られる。ノアを一目見て、君が鷹だねと言って見抜くのであった。

③【翻訳】彼女が公爵邸に行った理由 124話・感想 

■彼女が公爵邸に行った理由 124話の感想・見どころ【ピッコマで要チェック!!】
今回のエピソードでは、シアトリヒに対して真剣な表情で、レリアナの為を想いながらとんでもないことを言うノアの姿がとても印象的でした。シアトリヒは王という立場からノアばかりの味方は中々出来ませんが、困惑しながらもノアの事をしっかりと考えてくれるその姿は兄らしいなと思いました。
二人の様子は、是非公式のピッコマにてご覧ください!!

④翻訳リクエスト、受け付けます☆ 

■翻訳リクエストについて
例:「○○話のこの場面のレリアナのセリフが知りたい!!」
というような一部分の翻訳リクエストがありましたら、ツイッターやコメント欄から随時受付します。(※一部分に限ります。又、当方日中は仕事をしていますので、すぐには返信できません・・・。ご了承ください。)

⑤応援お願いします!!【ブログ村・ランキング参加中】

毎回「ポチっ」と押してくれるだけで励みになります♪応援、よろしくお願いします^^

 

 

 

 

⑥次のエピソード 

【翻訳】彼女が公爵邸に行った理由 125話ネタバレ(最新話)に続く

 

www.manga-love.xyz

⑦翻訳に関する感想

今回もまた翻訳ですごく悩みました。イオシャの最後の言葉「君が鷹だね。」というのは、「??」と思いました。

自分自身しっくりこなかったので辞書等でその言葉調べまくったんですが・・・韓国の人はよく「鷹の目」という表現をよくされるみたいなんです。

「鷹の目」という表現は、鋭い視線で獲物を探す鷹のように観察力がある人のことを言うみたいなので、多分この訳で合っているんじゃないかなと思うのですが、間違っていたらゴメンナサイ! 

それでは、今回も最後までお読みいただきありがとうございました^^