大好き!Webtoon♪

韓国発の恋愛漫画(翻訳ネタバレやおススメ漫画紹介)を中心に公開していきます♪

★ピッコマ大人気漫画「彼女が公爵邸に行った理由」と「ある日、私は冷血公爵の娘になった」と「公爵夫人の50のお茶レシピ」の翻訳ネタバレを公開しています。
→更新日はツイッターにて随時お知らせしています^^

ピッコマ独占配信中漫画の原作・海外サイトの紹介【先読み】

★webtoonに関する作者・コミック・単行本・小説情報をまとめています。

【PR】最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

(翻訳)「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 83話ネタバレ


スポンサーリンク

(翻訳)「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 83話ネタバレ

 

f:id:hukusinoko:20201225103205j:plain

【このページの目次】

作画 Cotton  原作 Siya  kakaopage   恋愛漫画

 

①あらすじ

【あらすじ ピッコマより抜粋】

娼婦に育てられた少女「ピンクアイ」。2万ゴールドで売られた先は、魔族の家系の公爵家でした。新しく「エステル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なエステル。自分のピンク色の目にもなにやら秘密があるようで… かわいいエステルのドキドキほのぼの令嬢生活が始まるよ!

→前回のエピソードは、コチラ

www.manga-love.xyz

 

 

②ある日、私は冷血公爵の娘になった 83話・翻訳ネタバレまとめ

【※ここからは、5分位で読めます!!】

■ ある日、私は冷血公爵の娘になった83話のまとめ【簡単に分かりやすく翻訳ネタバレをまとめました♪】
【カルルだけでなくエメルも登場】
兄のカルルが助けに来たので、安心するエステル。
そして、いつの間にかエメルもこの場に到着していました。エステルを見て心配するエメル。

【エメルを見て怒る侯爵】
侯爵はエメルを見て「この裏切り者!」と大声で叫びます。それを聞いて不思議に思うエステル。
そして、相手にはしませんとエメルが言うと、エステルと共にその場を後にしました。

【父に報告するエステル】
無事に公爵邸に到着したエステルは、父に報告と謝罪をします。微笑みながら抱き合う二人。
そして、父は、私はすぐに首都へ向かう予定だ。頭が痛くなるような事が生じているようだから。とエステルに話すのでした。

【ロイとエレンを心配するエステル】

二人がけがをしているとのことで、心配してロイの部屋に向かうエステル。
部屋からは「ちょっと待って!!」と聞こえてきます。

その声にビックリするエステル。そして、勢いよくドアが開いたかと思うと、傷だらけのロイが慌てて現れるのでした。

 

③【翻訳】ある日、私は冷血公爵の娘になった 83話・感想 

■ある日、私は冷血公爵の娘になった 83話の感想・見どころ【ピッコマで要チェック!!】
今回のエピソードで一番気になったのは、侯爵がエメルに対して「裏切者」と言っていたことですね。やはり、二人の間には何か関係がありそうですね。
ラストは、慌てて出て来たロイ。どうして慌てていたのかが気になるところです☆

二人の様子は、是非公式のピッコマにてご覧ください!!

④翻訳リクエスト、受け付けます☆ 

■翻訳リクエストについて
例:「○○話のこの場面のエステルのセリフが知りたい!!」
というような一部分の翻訳リクエストがありましたら、ツイッターやコメント欄から随時受付します。(※一部分に限ります。又、当方日中は仕事をしていますので、すぐには返信できません・・・。ご了承ください。)

⑤応援お願いします!!【ブログ村・ランキング参加中】

毎回「ポチっ」と押してくれるだけで励みになります♪応援、よろしくお願いします^^

 

 

 

 

 

 ⑥次のエピソード

(翻訳)「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 84話ネタバレに続く

 

www.manga-love.xyz