ピッコマ漫画ライフ

ピッコマ連載中の恋愛漫画(翻訳ネタバレやおススメ漫画紹介)を中心に公開していきます♪

【 当サイトの簡単なご紹介♪ 】

★ピッコマにて大人気連載中漫画「彼女が公爵邸に行った理由」と「ある日、私は冷血公爵の娘になった」と「公爵夫人の50のお茶レシピ」の翻訳ネタバレを公開しています。(素人による翻訳ですので、少々言い回しが違うところがあるかもしれませんがご了承下さい。)→更新日はツイッターでお知らせしていますので、是非フォローの方よろしくお願いします^^

ピッコマ独占配信中の原作・海外(主に韓国 )サイトの紹介をしています。先読みしたい方におススメ。

★ピッコマ独占配信中の人気漫画に関するコミック・単行本・動画情報をまとめています。

「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」18話のネタバレ


スポンサーリンク

「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」18話のネタバレ

f:id:hukusinoko:20191113141127j:plain

 

「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」は、ピッコマにて大人気独占配信中の韓国の恋愛ファンタジー漫画です。

原作Nokki 作画AhBin 原題「양판소 주인공의 아내로 살아남기 」


毎週金曜日12時にピッコマで最新話が更新されています。
( ※韓国版の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」を読みたい方は コチラ )

 

 ≪あらすじ ピッコマより抜粋≫
よくあるファンタジー小説。私、その小説の妃になってしまいました。正しくは、主人公の手で殺される悪の脇役で、しかも金遣いの荒い悪妻! でも、子供の頃から尽くす妃を演じたら、首が跳ね飛ばされるのは避けられるかも? よし。今から、私の目標は無事に離婚すること! だったはずなのに…ちょっとした誤解が大きな波紋を呼び、計画は大迷走。私、本当に無事に離婚できるかな⁉

 

セザールが南部へ遠征して4年が経った。

彼は皇帝に、凱旋式を挙げてほしいと手紙を送った。
そのことを知ったエブゲニアは怒り心頭である。

凱旋式に反対しようとしたが、「何の名分もなく反対はできません。」と、側近の男は諭す。
エブゲニアは、凱旋式の費用が莫大になることに気づく。

それを利用しようと、側近の男に直接セザールを説得するよう命じる。


その側近の男は南部に到着したが、皇子の側近ラヤやミラーから、

「セザールは重要な会議中です。」と言われ、中々会わせてもらえない。
6時間経ち、やっと会うことができた。

 

 

セザールはかなりリラックスした格好である。
男が持ってきた、皇后からの手紙を読むセザール。内容は、凱旋式要請の撤回について。
「長期に及んだ戦争のため財政が底をつきそうです。凱旋式を挙げることになれば、さらに厳しくなるでしょう。」と説明する。
「だからいつも支援物資が遅いのか。」と、嫌味を言うセザール。
「元老会議の意向も皇后と一緒です。」と、男はオロオロしながら話す。
だがセザールは、

凱旋式を挙げる意向に変更はしない。」と告げる。
「個人の栄光のために、帝国の危機を見過ごすのですか?」と、男は非難する。
セザールは笑いながら、

「勝利の名誉は、生き残った者戦士した者、全ての兵士達と分かち合うつもりだ。」と言う。

そして、「あの女に脅されたのか?」と尋ねるセザール。
「俺は凱旋式で戦死したものの位牌とともに行進するつもりだ。」「政治的な理由で戦死したものを称える行事にまで反対するのが、この先本人の息子に良いことなのか、よく考えてみるように。」

と、セザールは皇后に伝えるように指示する。
「決してそんな意味ではありません。」と、男はセザールに取り繕う。
「勿論、皇后とお前が高潔であると信じている。」

「大事な息子を失った遺族もそう思うだろうか?」と話すセザールであった。

 

その男は馬車に戻り、メガネを外した。
メガネをし、弱々しく振る舞うことで、相手の警戒心を弱めるためであった。
男はミステリアスに笑い、皇子の成長を楽しむのだった。

 

 


皇宮にて。
男から報告を聞いたエブゲニア。イライラしてティーカップにあたる。
その場にはカナリアもいた。

≪セザールの凱旋式のせいで、エブゲニアはさらにヒステリーを起こすだろう≫とカナリアは不安になる。
この国で紫色は皇帝の色であり、その色を皇帝以外のものが着ることを許されるのは、凱旋式だけなのである。
皇位継承権第一位の皇子が紫色を身に着け、凱旋式を挙げる姿に、帝国民がどのように感じるかは言うまでもない。
それだけ第一皇子セザールの凱旋式は、大きな意味があるのだ。
エブゲニアは怒りがおさまらず、

「やはり子供の時に殺しておくべきだった。」と言う。
彼女をなだめる側近の男。
彼は原作に登場しないキャラなので、不思議に思ったカナリア

彼の方を見ると、男と目が合った。
男は、口に指を当て喋らないようにとジェスチャーをしながら微笑む。
その行動を見て、思わず鳥肌が立ったカナリアであった。

 

 

   「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」19話に続く・・・

 

 

www.manga-love.xyz