大好き!Webtoon♪

韓国発の恋愛漫画(翻訳ネタバレやおススメ漫画紹介)を中心に公開していきます♪

★ピッコマ大人気漫画「彼女が公爵邸に行った理由」と「ある日、私は冷血公爵の娘になった」と「公爵夫人の50のお茶レシピ」の翻訳ネタバレを公開しています。
→更新日はツイッターにて随時お知らせしています^^

ピッコマ独占配信中漫画の原作・海外サイトの紹介【先読み】

★webtoonに関する作者・コミック・単行本・小説情報をまとめています。

【PR】最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

【翻訳】「彼女が公爵邸に行った理由」99話 ネタバレ


スポンサーリンク

【翻訳】「彼女が公爵邸に行った理由」99話 ネタバレ

 

〈PR〉コミック1~4巻発売中【※下記商品ページはebookjapanにリンクしています】

 【この記事の目次】

 

 

素人による翻訳です。
大体のストーリーはわかりますが、どうしても正確でしっかりとした翻訳で読みたい方は、以下の翻訳は読まずに大人気独占配信中のピッコマ(24時間に1回無料で読むことが出来ます)での掲載をお待ちください。
この記事に関しては、特にノークレームでお願いします!!

「彼女が公爵邸に行った理由」は、ピッコマにて大人気独占配信中の韓国の恋愛ファンタジー漫画です。


毎週金曜日にピッコマで最新話が更新されています。
( ※韓国版の「彼女が公爵邸に行った理由」を読みたい方は コチラ )

①あらすじ

 

≪あらすじ ピッコマより抜粋≫
謎の死から小説の中に迷い込んだ「凛子」こと「レリアナ」 成金一家の娘として蘇生した彼女は、脇役で、しかも近いうちに命を落とす運命だった。 小説の中の婚約者でありレリアナ殺人事件の犯人「ブルックス」との婚約破棄を目論んだ 彼女は、王位継承者序列1位の「ノア」に近づきある取引を申し込む。 ”6ヶ月だけ婚約者のふりをしてください!” ”必要な時に婚約者としての役割を果たしてくれるなら…” 果たして2人の取引で彼女が死の運命から逃れることはできるのか!?

 

 【翻訳】「彼女が公爵邸に行った理由」98話までの簡単なあらすじ】

街では、建国祭のお祝いムード一色に包まれていた。

馬車に乗って遊びにきたレリアナ一家と護衛するアダム。綿あめを食べたりして楽しむが、その途中で妹のローズマリーはお祭りに気を取られてしまい、迷子になってしまう。青ざめるレリアナ一家。

アダムはさっと屋根の上に上り、目を凝らしながら町中を探す。

そして、屋根から降りたアダムは無言で指をさす。その方向に向かって走り出すレリアナとアダムであった。

 

 

②彼女が公爵邸に行った理由 99話・翻訳ネタバレまとめ

【※ここからは、5分位で読めます!!】

■彼女が公爵邸に行った理由 99話のまとめ【簡単に分かりやすく翻訳ネタバレをまとめました♪】
●迷子になったローズマリーと一緒にレリアナを探すジャスティン。→うろちょろするローズマリーと歩いて疲れます。
ジャスティンは、ばったりノアと出くわす→どちらがローズマリーを連れて行くかで口論になります。
●いつの間にか近衛隊と治安隊の言い争いも始まり、剣を抜くような事態になってしまっていました。
●レリアナが来て、ローズマリーの無事を確認してホッとする。だが、すぐ側で起こる争いを見て状況が理解できずに焦ります。
●打ちあがる花火をローズマリーと一緒に見るレリアナ。建国祭の始まりだねと話すのでした。
 

③【翻訳】彼女が公爵邸に行った理由 99話・感想 

■彼女が公爵邸に行った理由 99話の感想・見どころ【ピッコマで要チェック!!】
建国祭で迷子になったローズマリーを無事にレリアナの元へ連れて行くだけのことだったのが、ノアと出くわしたことで、更に近衛隊と治安隊のバトルに突入するだなんて・・・。でも、その戦いが何とも言えず面白かったです。
恋のライバル同士ですものね・・・。モテるレリアナも困ったものですね^^
とにかく、ローズマリーが無事にレリアナの元に戻ってきて良かったです。

彼らの様子は、是非公式のピッコマにてご覧ください!!

④翻訳リクエスト、受け付けます☆ 

■翻訳リクエストについて
例:「○○話のこの場面のレリアナのセリフが知りたい!!」
というような一部分の翻訳リクエストがありましたら、ツイッターやコメント欄から随時受付します。(※一部分に限ります。又、当方日中は仕事をしていますので、すぐには返信できません・・・。ご了承ください。)

⑤応援お願いします!!【ブログ村・ランキング参加中】

毎回「ポチっ」と押してくれるだけで励みになります♪応援、よろしくお願いします^^

 

 

 

 ⑥次のエピソード

「彼女が公爵邸に行った理由」100話翻訳ネタバレに続く・・・

www.manga-love.xyz