大好き!Webtoon♪

韓国発の恋愛漫画(翻訳ネタバレやおススメ漫画紹介)を中心に公開していきます♪

★ピッコマ大人気漫画「彼女が公爵邸に行った理由」と「ある日、私は冷血公爵の娘になった」と「公爵夫人の50のお茶レシピ」の 翻訳ネタバレを公開しています。
→更新日は ツイッターにて随時お知らせしています^^

ピッコマ独占配信中漫画の原作・海外サイトの紹介【先読み】

★webtoonに関する作者・コミック・単行本・小説情報をまとめています。

【翻訳】「彼女が公爵邸に行った理由」98話 ネタバレ


スポンサーリンク

【翻訳】「彼女が公爵邸に行った理由」98話 ネタバレ

 

〈PR〉コミック1~4巻発売中【※下記商品ページはebookjapanにリンクしています】

 【この記事の目次】

 

 

素人による翻訳です。
大体のストーリーはわかりますが、どうしても正確でしっかりとした翻訳で読みたい方は、以下の翻訳は読まずに大人気独占配信中のピッコマでの掲載をお待ちください。
この記事に関しては、特にノークレームでお願いします!!

「彼女が公爵邸に行った理由」は、ピッコマにて大人気独占配信中の韓国の恋愛ファンタジー漫画です。


毎週金曜日にピッコマで最新話が更新されています。
( ※韓国版の「彼女が公爵邸に行った理由」を読みたい方は コチラ )

①あらすじ


≪「彼女が公爵邸に行った理由」あらすじ ピッコマより抜粋≫
謎の死から小説の中に迷い込んだ「凛子」こと「レリアナ」 成金一家の娘として蘇生した彼女は、脇役で、しかも近いうちに命を落とす運命だった。 小説の中の婚約者でありレリアナ殺人事件の犯人「ブルックス」との婚約破棄を目論んだ 彼女は、王位継承者序列1位の「ノア」に近づきある取引を申し込む。 ”6ヶ月だけ婚約者のふりをしてください!” ”必要な時に婚約者としての役割を果たしてくれるなら…” 果たして2人の取引で彼女が死の運命から逃れることはできるのか!?
【翻訳】「彼女が公爵邸に行った理由」97話までの簡単なあらすじ

ついに街の中で建国祭が始まった。お祭りを楽しむ為に、馬車で遊びに来たレリアナ一家と護衛をしているアダム。街は屋台がたくさん並んでおり、たくさんの人で賑わっていた。母は、ローズマリーに「側にいるのよ。」と言いつけていたが、お祭りの様子に気を取られてしまい、いつの間にかいなくなってしまう。それに気づいた母は、青ざめるのであった。

 

 

②彼女が公爵邸に行った理由 98話・翻訳ネタバレまとめ

【※ここからは、サクッと5分位で読めます!!】

■彼女が公爵邸に行った理由 98話のまとめ【簡単に分かりやすく翻訳ネタバレをまとめました♪】
●建国祭にて。迷子になってしまったローズマリー。優しい踊り子さん達が近衛隊にところまで送ってくれる。
●ネイスンはジャスティンのところまでローズマリーと一緒に行く。誰かに似ているなと思うジャスティン。お姉さんがレリアナであることを知ったジャスティン。仕事をネイスンに全部まかせ、ローズマリーと共にレリアナを探しに行く。
ローズマリーがいなくなったことが分かり、真っ青になるレリアナ。アダムと共にローズマリーを探しに行く。屋根の上に上って何かを見つけた様子の彼。レリアナと共に街を駆け抜けるのであった。

③【翻訳】彼女が公爵邸に行った理由 98話・感想 

■彼女が公爵邸に行った理由 98話の感想・見どころ【ピッコマで要チェック!!】
ローズマリーの姉がレリアナだと分かると、満面の笑みになって仕事をすっぽかすジャスティンの場面が面白かったです。毎回、ネイスンが可哀相に思えてきます(笑)
そして、幼い妹・ローズマリーがいなくなって不安でいっぱいのレリアナですが、アダムが一緒に探してくれるので、心強いですよね。ひらりと屋根の上に上って街を見渡してしまいますからね^^
もはや、彼は人間の域を超えた存在になっています。でも、そこがアダムの素敵なところです!!
詳細は、是非公式のピッコマをご覧ください!!

④翻訳リクエスト、受け付けます☆ 

■翻訳リクエストについて
例:「○○話のこの場面のレリアナのセリフが知りたい!!」
というような一部分の翻訳リクエストがありましたら、ツイッターやコメント欄から随時受付します。(※一部分に限ります。又、当方日中は仕事をしていますので、すぐには返信できません・・・。ご了承ください。)

⑤応援お願いします!!【ブログ村・ランキング参加中】

毎回「ポチっ」と押してくれるだけで励みになります♪応援、よろしくお願いします^^

 

 

 

 

 

 ⑥次のエピソード

翻訳「彼女が公爵邸に行った理由」99話翻訳ネタバレ(最新話)に続く・・・

 

www.manga-love.xyz

 

www.manga-love.xyz