ピッコマ漫画ライフ

ピッコマ連載中の恋愛漫画(翻訳ネタバレやおススメ漫画紹介)を中心に公開していきます♪

【 当サイトの簡単なご紹介♪ 】

★ピッコマにて大人気連載中漫画「彼女が公爵邸に行った理由」と「ある日、私は冷血公爵の娘になった」と「公爵夫人の50のお茶レシピ」の翻訳ネタバレを公開しています。(素人による翻訳ですので、少々言い回しが違うところがあるかもしれませんがご了承下さい。)→更新日はツイッターでお知らせしていますので、是非フォローの方よろしくお願いします^^

ピッコマ独占配信中の原作・海外(主に韓国 )サイトの紹介をしています。先読みしたい方におススメ。

★ピッコマ独占配信中の人気漫画に関するコミック・単行本・動画情報をまとめています。

俺だけレベルアップな件 72話ネタバレ(最新話)


スポンサーリンク

俺だけレベルアップな件 72話ネタバレ

f:id:hukusinoko:20191119122119j:plain

 
DUBU(REDICE STUDIO)  Chugong h-goon
kakaopage  ピッコマ独占配信中 ファンタジー漫画 毎週金曜日12時に更新中

 ●韓国版を読む方法は コチラ!

 ●俺だけレベルアップな件は「ピッコマ BEST OF 2019」に選ばれました!

  →関連記事は コチラ!

【あらすじ ピッコマから抜粋】

十数年前、異次元と現世界を結ぶ通路”ゲート”というものが現れてからハンターと呼ばれる覚醒者たちが出現した。 ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。しかし全てのハンターが強者とは限らない。 人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンター「水篠 旬」 母親の病院代を稼ぐため嫌々ながらハンターを続けている。 ある日、D級ダンジョンに隠された高難易度の二重ダンジョンに遭遇した「旬」は死の直前に特別な能力を授かる。 「旬」にだけ見えるデイリークエストウィンドウ…!? 「旬」ひとりだけが知ってるレベルアップの秘密… 毎日届くクエストをクリアし、モンスターを倒せばレベルアップする…!? 果たして「旬ひとりのレベルアップはどこまで続くのかーー!!

 

数えきれないほどの強いハイオークを見て恐怖におののく外園達。 

≪この数のハイオークがゲートの外に出てしまえば トップクラスのハンター達が到着するまでに都市が一つは滅亡してしまうことだろう ≫

≪せめてボスだけでも倒さなければ。 護衛の4匹もオーラが半端ない ≫

≪こいつらの隙を突いて一発で呪術師を倒すなんてできるんだろうか。≫

「一斉に攻め込むぞ。」 「とにかく呪術師を狙え。 」

そう考えながら意気込むハンター達 。

すると、ボス(カルガルガン)が

「怖いか。人間どもよ。」と言うと同時に魔力が放たれた。そのあまりの魔力に戦力が喪失してしまう。

≪これほどまでの魔力を持っているなんて≫

≪あいつを倒せたって次元が違う≫

≪あいつに比べたら私たちみたいな魔法使いは三流に過ぎないわ≫

「どうして俺たちを選んだんだ?俺たちを殺すのは兵士たちだけで十分だったはずだ。」と外園が尋ねる。

「余興だ。お前たちを一人ずつ殺し兵士たちを楽しませるためだ。」

そう話すと、他のハイオーク達は一斉に雄叫びをあげる。

「人間の中に妙なのが混じっている。」

旬のことを見ながらボスが呟いた。

 

≪俺らの覚悟は余興でしかないのか。敵として見ているんじゃなく、あいつらにとって俺らの命は壊れたらそれまでのおもちゃでしかないのかよ 。≫

まるでレベルが違うことを思い知らされるも外園は自身を奮い立たせ、

「今、突撃しろ。」

と叫びながら攻撃しようとする 。

しかし、他のメンバーたちは恐怖のあまり一歩も動くことができなかった。

外園は一人で剣で攻撃するが、呪文によりボスは大きな盾を出し、いとも簡単に防がれてしまう。

そして、カルガルガンは反重力魔法と重力加速を使って勢いよく外園を地面に叩きつける。

ボロボロになっていく外園を見て、メンバーは涙を流し震えていた。

さらにまた半重力魔法を使って叩きつけたので外園は・・・と思われたが、そこにあるはずの彼の姿はなかった。

なぜなら、旬はすばやく外園をキャッチして助けたからだ。

「外園さん、ここはハンターズのダンジョンです。僕は関与すべきでありません。ですが今は攻撃隊が危機に陥っています。ひとつだけお聞きします。」

「ここにいるモンスターを全部倒していいですか?」

その言葉を聞いた外園は目を見開いて驚く。

二人でそれらの話をしていた時、背後から急に一匹のハイオークが斧を振りかぶって攻撃しようとした。

しかしながら、旬は後ろを振り返ることもなく片手でそのハイオークをいとも簡単にねじ伏せてしまった。

「もう一度お聞きします。ここにいるモンスターを全部もらってもいいですか?」

と旬は尋ねる。

「お願いします。」

と外園は血を流しながら返答する。

ルガルガンは、

「変わった技を使うではないか。」「しかし、たかが知れている。」と挑発する。

だが旬は、

「ここまで強烈なオーラを始めてだ。」「当然のことだけど残念ながら相性は最悪かな。もちろんお前にとって。」平然と話す。

「出てこい 影」

そう言うと、旬の影の軍団が召喚されるのであった。

 

 

   俺だけレベルアップな件 73話ネタバレに続く・・・