大好き!Webtoon♪

韓国発の恋愛漫画(翻訳ネタバレやおススメ漫画紹介)を中心に公開していきます♪

★ピッコマ大人気漫画「彼女が公爵邸に行った理由」と「ある日、私は冷血公爵の娘になった」と「公爵夫人の50のお茶レシピ」の翻訳ネタバレを公開しています。
→更新日はツイッターにて随時お知らせしています^^

ピッコマ独占配信中漫画の原作・海外サイトの紹介【先読み】

★webtoonに関する作者・コミック・単行本・小説情報をまとめています。

【PR】最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

【翻訳】彼女が公爵邸に行った理由 118話 あらすじ&ネタバレ(最新話)


スポンサーリンク

【翻訳】彼女が公爵邸に行った理由 118話 あらすじ&ネタバレ(最新話)

f:id:hukusinoko:20210105072720j:plain

 

彼女が公爵邸に行った理由 4 (フロース コミック) [ Whale ]

価格:1,034円
(2020/12/26 06:46時点)
感想(0件)

【このページの目次】

 

  
≪※ネタバレの為 閲覧注意!!≫

素人による翻訳です。
大体のストーリーはわかりますが、どうしても正確でしっかりとした翻訳で読みたい方は、以下の翻訳は読まずに大人気独占配信中のピッコマでの掲載をお待ちください。
この記事に関しては、特にノークレームでお願いします!!

●韓国版・先読みしたい方→コチラ

●登場人物の確認→コチラ


≪彼女が公爵邸に行った理由のあらすじ ピッコマより抜粋≫
謎の死から小説の中に迷い込んだ「凛子」こと「レリアナ」 成金一家の娘として蘇生した彼女は、脇役で、しかも近いうちに命を落とす運命だった。 小説の中の婚約者でありレリアナ殺人事件の犯人「ブルックス」との婚約破棄を目論んだ 彼女は、王位継承者序列1位の「ノア」に近づきある取引を申し込む。 ”6ヶ月だけ婚約者のふりをしてください!” ”必要な時に婚約者としての役割を果たしてくれるなら…” 果たして2人の取引で彼女が死の運命から逃れることはできるのか!?

 

①前回までのあらすじ

≪彼女が公爵邸に行った理由 117話までの簡単なあらすじ≫

国際舞踏会にてあちらこちらで火災(ビビアンとベアトリクスによる放火が発生)

このままここにいても死ぬだけだと思ったレリアナは、意を決して窓(4階位の高さ)からロープ等を使って降りることにしたのだった。途中で手が滑り、ロープから完全に両手を離してしまう。このまま落下していまうのかという絶体絶命のところにノアが助けに来ることで、危機を脱出する。

無事に地上に降り立つことが出来た二人。離れた場所から、燃え盛る離宮を見つめるのであった。

 →前回のエピソード、117話はコチラ

www.manga-love.xyz

 
 

 

②彼女が公爵邸に行った理由 118話・翻訳ネタバレまとめ

【※ここからは、5分位で読めます!!】

■彼女が公爵邸に行った理由 118話のまとめ【簡単に分かりやすく翻訳ネタバレをまとめました♪】
●城内に通り魔が目撃されたとの情報がノアに報告される。よく聞くと、その人物はノアとアダムの様子。→急いで、シアトリヒに説明しに行くノア。
●レリアナがアダムと待つことにする。→レリアナがそこで少しだけアダムと離れるとベアトリスの後ろ姿を発見する。
●レリアナがベアトリスの後を追うと、そこにはベアトリスのノアが見つめあっているのを見てしまう。私はこの物語では脇役だと感じるのであった。

③【翻訳】彼女が公爵邸に行った理由 118話・感想 

■彼女が公爵邸に行った理由 118話の感想・見どころ【ピッコマで要チェック!!】
最後のシーン、ノアとベアトリスが一緒にいる姿を見ているレリアナが、本当に切なかったです。何で一緒にいるのか、次回エピソードが気になりますね。
そのラストの様子は、是非公式のピッコマにてご覧ください!!

④翻訳リクエスト、受け付けます☆ 

■翻訳リクエストについて
例:「○○話のこの場面のレリアナのセリフが知りたい!!」
というような一部分の翻訳リクエストがありましたら、ツイッターやコメント欄から随時受付します。(※一部分に限ります。又、当方日中は仕事をしていますので、すぐには返信できません・・・。ご了承ください。)

⑤応援お願いします!!【ブログ村・ランキング参加中】

毎回「ポチっ」と押してくれるだけで励みになります♪応援、よろしくお願いします^^

 

 

 

 

 ⑥次回エピソード

 (翻訳)彼女が公爵邸に行った理由 119話ネタバレに続く・・・

www.manga-love.xyz

 

 

【 (翻訳)彼女が公爵邸に行った理由 目次はコチラ 】

「彼女が公爵邸に行った理由」ネタバレ(翻訳) 目次 - ピッコマ漫画ライフ

www.manga-love.xyz