ピッコマ漫画ライフ

ピッコマ連載中の恋愛漫画(翻訳ネタバレやおススメ漫画紹介)を中心に公開していきます♪

【 当サイトの簡単なご紹介♪ 】

★ピッコマにて大人気連載中漫画「彼女が公爵邸に行った理由」と「ある日、私は冷血公爵の娘になった」と「公爵夫人の50のお茶レシピ」の翻訳ネタバレを公開しています。(素人による翻訳ですので、少々言い回しが違うところがあるかもしれませんがご了承下さい。)→更新日はツイッターでお知らせしていますので、是非フォローの方よろしくお願いします^^

ピッコマ独占配信中の原作・海外(主に韓国 )サイトの紹介をしています。先読みしたい方におススメ。

★ピッコマ独占配信中の人気漫画に関するコミック・単行本・動画情報をまとめています。

「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」26話のネタバレ


スポンサーリンク

「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」26話のネタバレ

f:id:hukusinoko:20191113141127j:plain

「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」24話のネタバレ

 「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」は、ピッコマにて大人気独占配信中の韓国の恋愛ファンタジー漫画です。
毎週金曜日12時にピッコマで最新話が更新されています。
( ※韓国版の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」を読みたい方は コチラ )

 

 ≪あらすじ ピッコマより抜粋≫
よくあるファンタジー小説。私、その小説の妃になってしまいました。正しくは、主人公の手で殺される悪の脇役で、しかも金遣いの荒い悪妻! でも、子供の頃から尽くす妃を演じたら、首が跳ね飛ばされるのは避けられるかも? よし。今から、私の目標は無事に離婚すること! だったはずなのに…ちょっとした誤解が大きな波紋を呼び、計画は大迷走。私、本当に無事に離婚できるかな⁉

 

 

セザールは机に向かって事務仕事に追われている。

その姿を見て≪太陽宮の晩餐が終わってからずっと低気圧でいらっしゃる≫と感じる。

セザールは、カナリアが離婚した方があなたのためと言われたことを思い出していた。

そんな事を考えながら仕事をしていた為、書類はめちゃくちゃになっていた。

 

 

「皇子何か悩み事でも?」と尋ねる。

俺の話ではないが・・・妻が急に離婚の話を切り出したと話始める。

すぐに自分の話であることに気が付く。

 

 

そこですぐ近くで聞いていたジャックスが

「男を乗り換えたとかじゃないですか?」と突っ込む。

「乗り換えるとはどういう意味だ?」

「戦場にいる自分を差し置いて恋人が浮気をするって意味です。」

それを聞いて唖然とするセザール。

「4年も離れていたら他に目移りするのも無理ないですね。」とジャックスは皇子の話とは気づかないで平然と続ける。

 

 

セザールが持っていたペンが折れる。

「そんなはずはない。ずっと連絡を取り合っていた。贈り物も交わした。」

「空いた時間に他所の男と会っていたかもしれませんよ?」

「だは他に男がいる気配なんて全くなか・・・」

そこで、ノアとの関係を疑う。

≪二人は元々仲が良かった。俺の代わりに面倒を見てくれただけだ。≫

 

 

「今の話ってカナリア妃のことですか?みんな離婚した方が皇子のためになるって言いますよ?先に切り出してくれたなら好都合って・・・」

「ジャックス!」「出ていけ」と怒り心頭で命令する。

「え?」

「出て行けと言った」

「わ・・・分かりました。出ていきます!」そう言ってジャックスは部屋を出て行った。

 

 

その後セザールにアドバイスをする。

カナリア妃の本心ではないかもしれない。理由を聞いてみるのはどうかと。

それを聞いたセザールは、書類は後で目を通すと言い残し、すぐに部屋を出ていく。

 

 

早くカナリアに会いたいと思うセザール。

すると偶然に廊下にて「そんなに急いでどこに行くの?」と呼び止められ、カナリアと遭遇する。

カナリア!?なぜここに?」

「遊びに来たのよ。だって今日週末でしょ?せかくいい天気なのに仕事ばっかりしてちゃダメよ。」「お出かけしましょ!」と笑顔で話す。

「どこに出かけるんだ?」

「そんなのは出かけてから考えればいいの」「一緒に行くよね」と言ってセザールの腕を掴むカナリア

≪やはりあの話は本気ではなかったんだ≫ほっとするセザールであった。

 

 

「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」27話のネタバレに続く・・・

 

 

 

 

【おススメの記事はコチラ】

www.manga-love.xyz

www.manga-love.xyz