ピッコマ漫画ライフ

ピッコマ連載中の恋愛漫画(翻訳ネタバレやおススメ漫画紹介)を中心に公開していきます♪

【 当サイトの簡単なご紹介♪ 】

★ピッコマにて大人気連載中漫画「彼女が公爵邸に行った理由」と「ある日、私は冷血公爵の娘になった」と「公爵夫人の50のお茶レシピ」の翻訳ネタバレを公開しています。(素人による翻訳ですので、少々言い回しが違うところがあるかもしれませんがご了承下さい。)→更新日はツイッターでお知らせしていますので、是非フォローの方よろしくお願いします^^

ピッコマ独占配信中の原作・海外(主に韓国 )サイトの紹介をしています。先読みしたい方におススメ。

★ピッコマ独占配信中の人気漫画に関するコミック・単行本・動画情報をまとめています。

【翻訳】「彼女が公爵邸に行った理由」73話のネタバレ


スポンサーリンク

【翻訳】「彼女が公爵邸に行った理由」73話のネタバレ

f:id:hukusinoko:20191104150943j:plain

 


スマホの翻訳アプリ「Google 翻訳」を使って翻訳してみました!
Google 翻訳」に頼りきった素人(韓国語はわかりません…)による翻訳です。
大体のストーリーはわかりますが、どうしても正確でしっかりとした翻訳で読みたい方は、以下の翻訳は読まずに大人気独占配信中のピッコマ(24時間に1回無料で読むことが出来ます)での掲載をお待ちください。

piccoma.com


この記事に関しては、特にノークレームでお願いします!!

「彼女が公爵邸に行った理由」は、ピッコマにて大人気独占配信中の韓国の恋愛ファンタジー漫画です。


毎週金曜日12時にピッコマで最新話が更新されています。
( ※韓国版の「彼女が公爵邸に行った理由」を読みたい方は コチラ )

www.manga-love.xyz


≪あらすじ ピッコマより抜粋≫
謎の死から小説の中に迷い込んだ「凛子」こと「レリアナ」 成金一家の娘として蘇生した彼女は、脇役で、しかも近いうちに命を落とす運命だった。 小説の中の婚約者でありレリアナ殺人事件の犯人「ブルックス」との婚約破棄を目論んだ 彼女は、王位継承者序列1位の「ノア」に近づきある取引を申し込む。 ”6ヶ月だけ婚約者のふりをしてください!” ”必要な時に婚約者としての役割を果たしてくれるなら…” 果たして2人の取引で彼女が死の運命から逃れることはできるのか!?

 

 

 

 夜市から邸宅に帰り、次の日の朝。

レリアナは朝7時になっても起きてこない。

「レリアナは?」とノアが朝の支度をしながらキデオンに尋ねる。

「よく寝ていらっしゃると思います。」

実際、レリアナはまだ寝ていた。

  

 

朝8時になり、再びキデオンに「レリアナは?」と問いかける。

「先ほど起きられたと思われます。」と答える。

実際、レリアナは今起きたばかりでまだ眠そうである。

「姫君、起きられましたか?」と使用人がレリアナに声をかける。

 

 

朝9時になり、ノアは再び「レリアナは?」と尋ねる。

「ウーン・・・。」とキデオンは少し汗をかきながら答える。

レリアナは、使用人とネックレスを選んでいる。やっと朝の支度をしているところだった。

「姫君、指輪がありませんよ。」と使用人の1人が気が付く。

「指輪?」とレリアナ。

「はい。婚約指輪のことです。」

「指輪?どこだろう。」「それは私が見つけておくわ」とレリアナ。

「わかりました。では、私たちはこれで」と挨拶をして使用人達は下がる。

 

 

朝9時15分。レリアナは、部屋中を一生懸命探す。

≪ 指輪!指輪はどこに行ったの!? ≫焦りまくるレリアナ。

箱の中、テーブルの下、探し回るがどこにも見あたらない。

≪ なくなっちゃったのかな。あってはならないことよ ≫

≪ 指輪ー!!≫

≪ ない! ≫と探しながら、テーブルの下にもぐっていたところ頭をぶつけてしまう。思わず涙が出てしまう。

 

 

そこで、コンコンとドアをノックする音がした。

「姫君」とキデオンがドア越しに声をかける。

レリアナは散らかっている部屋を見て青ざめる。

「入りますよ」とキデオンが言うのと同時にレリアナは慌ててするりと部屋を出る。

「食事にしませんか?」とキデオンが尋ねると、レリアナは「今日は食欲がないんです。」と汗をかきながら答える。

「まだ体調がよろしくないのですか?」

「気にする程ではないわ」とニコニコしながら答える。

「食事をお持ちすることもできますが?」

「敢えてそうしなくてもいいわ」と汗をかきながら答える。

 

 

「レリアナ」「どうした?」とノアが来て心配する。

爽やかに登場したノアを見て≪ あれは違う男よ ≫と思ってしまうレリアナ。

「レリアナ」と言いながらレリアナに触れようとするノアだったが

「ただ食欲がないという話をしていました。」と言って触れられないように後ずさりするレリアナ。

二人の距離を眺めて、その微妙な関係を何となく察するキデオンだった。

 

 

「私のせい?」

「いえ。」

「だったら食べるんだ。朝食の時間を過ぎているではないか。」

「それは・・・」

≪ 受験生時代の癖だなんて言えない ≫と思うレリアナ。

 

 

 

「私は仕事で行くから気にせず食べろ」とノア。

《嘘ばっかり》

「ちょっと遅くなっても食べて下さい。冷めますよ。」と言いながらその場を後にするレリアナ。

 レリアナの姿を目で追いながら≪ 今はまだこれで十分だ ≫と思うノアであった。

≪ ・・・まだ ≫

 

 

レリアナは馬車に乗りながらなくなった婚約指輪の事を考える。

≪婚約指輪はネックレス、ピアス、指輪の高級セットの1つだ≫

≪王城を探してみるけど、出入りする人が多すぎて見つかる可能性は低そうね。≫

レリアナの両親が泣く姿を想像しながら

≪実家の鉱山を売れば返済出来るかしら≫

≪なければどうしよう。本当に鉱山を売らないといけないかしら。これは歴史に残るようなことだわ。あぁどこにいったの?死んだほうがましだわ≫と考える。

悲観的なことを考えながら頭を揺さぶるレリアナ。

 

 

そこでアダムは、揺れるレリアナの頭を支えようとする。

「テイラー卿。私はこのまま死んだほうが良いかしら?」

それを聞いて目を見開いて驚くアダム。

そして、両手でレリアナの顔に触れると、

「死ぬという言葉」「嫌いだ。」と真剣な表情で話すアダム。

≪あ・・・。テイラー卿の前で話すには軽率だった≫とかつて戦場にいたアダムを想像しながら、ハッとした。

「申し訳ありません。」「冗談です。そのような考えはないです。」

とアダムの手を握りながら話す。

コクっと頷き、それを見て笑顔になるレリアナ。

 

 

≪ とにかく王城に行ってみよう。それでもない場合はどうしよう ≫

と考えながら、二人を乗せた馬車は王城に向かうのであった。

 

      

       【翻訳】「彼女が公爵邸に行った理由」74話のネタバレに続く・・・

 

 

www.manga-love.xyz

www.manga-love.xyz