ある日、私は冷血公爵の娘になった ピッコマ 漫画

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 109話ネタバレ(ピッコマ)

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 109話ネタバレ(最新話)

 

 

作画 Cotton  原作 Siya  kakaopage   恋愛漫画

※いち早く韓国版を読みたい方→コチラ

※登場人物の確認→コチラ

あらすじ

【あらすじ ピッコマより抜粋】

娼婦に育てられた少女「ピンクアイ」。2万ゴールドで売られた先は、魔族の家系の公爵家でした。新しく「エステル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なエステル。自分のピンク色の目にもなにやら秘密があるようで… かわいいエステルのドキドキほのぼの令嬢生活が始まるよ!

 

→前回のエピソードはコチラ

前回のエピソード

 

ある日、私は冷血公爵の娘になった 109話・ネタバレまとめ

【※ここからは、10分位で読めます!!】

■ ある日、私は冷血公爵の娘になった109話のまとめ【簡単に分かりやすく翻訳ネタバレをまとめました♪】

【何故か怒る銀髪の男】

ついに、彼のピアノの演奏が始まります。その曲が、以前アルファが聴かせてくれた精霊の歌(子守唄)であることに気が付くエステル。アルファが聴かせた子守唄。≫

銀髪の男性は今ちょうどインスピレーションが来そうだったんだよ!
イラっとしながら話します。

一方、ロイもそれを聞いてイラっとします。

銀髪の男性に名前を聞くと、マクギラン・ロルフとのこと。
ああ、あの有名なピアニストだな。と思うエステル。

そして、彼はエステルの手を掴み、私の演奏を聴けば、確かに私の話を理解されるでしょう!と言います。エステルは一曲くらいと思うのでした。

【マクギランの家にて】

彼のピアノの演奏が始まります。それが、アルファが聴かせた精霊の歌(子守唄)であることに気が付きます。

演奏が終わると、エステルは目を閉じて先ほどの曲の続きを歌い始めます。ハッとするマクギラン。

エステルは、後を補充することが出来て良かったですね、ロルフ。曲が完成するのを楽しみにしていると言います。

その音律をどうして知っているのか驚きを隠せない彼。それから、エステルは、笑顔で挨拶をしてその場を後にするのでした。

【公爵邸にて】

エステルはハーデル先生に今日の事を話していました。その会話の中で先生は、

まだ、エメル卿を忘れられずにいるんですか?と尋ねます。

その言葉を聞いてドキッとするエステルなのでした。

【マクギランの訪問】

使用人が入室し、エステルに会いに訪ねてきた方がいるとのこと。

そして、その訪問者が待つ部屋にロイと共に向かうエステル。

部屋に到着すると、そこには大きな花束を持ったマクギランが真剣な表情で待っていたのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になった 109話・感想

■ある日、私は冷血公爵の娘になった 109話の感想・見どころ【ピッコマで要チェック!!】

ロイの予想通り、マクギランは花束を持って公爵邸にやってきましたね!ロイの勘ってすごいです♪
彼が花束を持ってきた理由とは一体何なのでしょうか・・・!?
次回エピソードもすごく楽しみです☆

二人の様子は、是非公式のピッコマにてご覧ください!!

 

応援お願いします!!【ブログ村・ランキング参加中】

毎回「ポチっ」と押してくれるだけで励みになります♪応援、よろしくお願いします^^

 

次のエピソード

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 110話ネタバレに続く

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」目次

 

→他のピッコマ(LINEマンガ・COMICO)を韓国版・海外版で無料先読みしたい方はコチラ

【韓国版】ウェブ漫画・無料先読み情報 目次(ピッコマ・LINEマンガ・COMICO)

先読み等まとめ目次 韓国・海外版のウェブ漫画(ピッコマ・LINEマンガ・COMICO)無料先読み出来るサイト・原作小説(ノベル)情報等をまとめてご紹介します!   Contents「原作・韓 ...

 

おススメの記事  

・・・ネタバレを簡単にまとめて公開中!

 

\ブログ村ランキング参加中/

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

ポチっと押して頂けると励みになります\(^o^)/モチベーションアップにご協力の程宜しくお願いします。

\ウェブ漫画以外の漫画を読むなら…/

管理人がいつも利用しているのはeBookJapanです。週末15%オフクーポン・ポイントやペイペイ利用可で、お得に利用できます。

それでは、今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

    -ある日、私は冷血公爵の娘になった, ピッコマ, 漫画

    © 2021 大好き!Webtoon♪ Powered by AFFINGER5