「公爵夫人の50のお茶レシピ」37話 ネタバレ(ピッコマ)

「公爵夫人の50のお茶レシピ」37話 ネタバレ(最新話)

 

あらすじ

(公爵夫人の50のお茶レシピ ピッコマより抜粋)

 これまで人の目を気にしながら生きてきた楓は、ある日押し付けられた仕事で失敗し会社をクビになった。ヤケ酒を飲み、泣きながら眠りについた楓が目を覚ますと、なんと公爵夫人になっていた。しかし、楓が転生した公爵夫人は夫からも関心を持たれず、挙句の果てには使用人からもいじめられる始末。楓はそんな生活から少しの間だけでも逃れるため、唯一の楽しみであるお茶を飲むことにした。お茶オタクが繰り広げる異世界転生ロマンスが今始まる!

 

・先読み・韓国版を読みたい方→コチラ

・登場人物の確認→コチラ

 

公爵夫人の50のお茶レシピ 37話・ネタバレまとめ

【※ここからは、5分位で読めます!!】

■公爵夫人の50のお茶レシピ 37話のまとめ【簡単に分かりやすく翻訳ネタバレをまとめました♪】

パーティを楽しむ二人。そこへキエルがコリン夫人を捕まえたことを報告します。
→アルフォンスは「独房に閉じ込めておけ。」と指示します。

夫人は許しを請うが、アルフォンスは300回の鞭打ちを命令し、皇立裁判所に引き渡します。その後、絞首刑を言い渡されたコリン夫人は悪行を命で代償することとなりました。

アルフォンスの誘いにより観劇しに行く二人。
クロエは楽しんでいますが、アルフォンスは芝居が好きではない様子。

恋人同士が口づけするシーンを見たアルフォンス。
クロエを引き寄せて、そのまま唇を重ねます。

恥ずかしそうにする彼女に対して「誰も見ていませんよ。」と言い、愛おしそうに見つめるのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピ 37話・感想

■公爵夫人の50のお茶レシピ 37話の感想・見どころ【ピッコマで要チェック!!】

クロエ夫人、とうとう罰を受けることになりましたね。今までの悪行を考えると納得です。しかしながら、最終的に絞首刑になるとは思っていませんでした。
日本の漫画だとそこまでの判決にはならなさそうですが・・・さすがです(^^;

そして、観劇に行く二人。つまらない様子のアルフォンスでしたが、個人席なのでやりたい放題になっています(笑)
甘いシーンが見られて大満足なエピソードでした^^

二人の様子は、是非公式のピッコマにてご覧ください!!

 

次のエピソード

 「公爵夫人の50のお茶レシピ」38話 ネタバレに続く

 

「悪夢に出てきたクロエの正体は?結末は!?」ネタバレ

「公爵夫人の50のお茶レシピ」第82話では、夢の中でクロエそっくりの人物が登場しましたね。

「あの人の正体って誰なの?」「本物のクロエが日向楓を憎んでいるの?」等皆さん色々予想しているかと思います。

その正体についてのネタバレは以下の記事にて簡単にまとめて紹介しています。

絶対に知りたくない方は見ないで下さいね!!

 

【参考記事】

>>「公爵夫人の50のお茶レシピ」ネタバレ目次はコチラ

悪夢に出てきたクロエの正体はこの記事の中盤辺りで紹介しています。

 

掲載誌:Kakao Entertainment Corp.内でのおススメの作品【ピッコマ内にて♪】

掲載誌:Kakao Entertainment Corp.内での私のおススメの作品をここでご紹介したいと思います。

たくさんありすぎるのですが、その中でも今回ご紹介する女性向け・恋愛漫画は・・・

「ロクサナ〜悪女がヒロインの兄を守る方法〜」「悪役として生きていきます」「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」

です。

どれもストーリーがとても面白くピッコマにでも人気の高い作品です(*^-^*)

 

 

以上、【37話ネタバレ】公爵夫人の50のお茶レシピ|あらすじ&感想アリでした!!

 

他のピッコマ(LINEマンガ・COMICO)を韓国版・海外版で無料先読みしたい方はコチラ

≫韓国版・無料先読み情報等まとめはコチラ

 

おススメの記事

ピッコマ人気ウェブ漫画のネタバレを簡単にまとめて公開中!(随時更新しています^^)

≫ピッコマ人気ウェブ漫画・ネタバレ一覧はコチラ

管理人がよく使うサイト紹介

管理人がピッコマ以外でよく利用しているのはeBookJapanです。

・「俺レべ」「ある娘」「捨て妃」等…書籍化されたピッコマの人気漫画も購入可能。

・30%、50%オフetc…クーポン等の利用で電子書籍がお得に読める!(使用条件アリ)

・約9000作品が無料で読める読み放題コーナー で、マンガ無料立ち読みOK!!

\人気漫画32000冊以上が読み放題/

    -ピッコマ, 公爵夫人の50のお茶レシピ, 漫画

    © 2021 大好き!Webtoon♪ Powered by AFFINGER5