ある日、私は冷血公爵の娘になった ピッコマ 漫画

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 107話ネタバレ(最新話)

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 107話ネタバレ(最新話)

 

作画 Cotton  原作 Siya  kakaopage   恋愛漫画

※いち早く韓国版を読みたい方→コチラ

※登場人物の確認→コチラ

あらすじ

【「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 あらすじ ピッコマより抜粋】

娼婦に育てられた少女「ピンクアイ」。2万ゴールドで売られた先は、魔族の家系の公爵家でした。新しく「エステル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なエステル。自分のピンク色の目にもなにやら秘密があるようで… かわいいエステルのドキドキほのぼの令嬢生活が始まるよ!

 

※いち早く韓国版を読みたい方→コチラ

※登場人物の確認→コチラ

前回のエピソード

 

ある日、私は冷血公爵の娘になった 107話・ネタバレまとめ

【※ここからは、5分位で読めます!!】

■ ある日、私は冷血公爵の娘になった107話のまとめ【簡単に分かりやすくネタバレをまとめました♪】

【仲直りする親子】
怒っているのかなと公爵の様子を見て何となくそう思うエステル。

楽しかったかと聞かれるとエステルは、ギクッとします。そして謝罪しました。
エメルについて話さなかったから怒ったのかと尋ねる公爵。

でも、パパに怒る事じゃないからね。エメルも言いたくなかったと思うと話すエステル。そして二人は和解し、エステルは公爵をぎゅっと抱きしめるのでした。

【カルルも心配していた】

カルルは、ドラゴンに乗って良かったのか?と言うと、エステルの頭を軽く叩いきます。
エステルは、良かったよ。めちゃめちゃ!と言って叩かれたところを痛そうに押さえていました。

【その後】
その後、数か月は本当に目まぐるしく過ぎ去りました。アンの髪の色は、ドラゴンの魔法の研究中に変わったと言っていました。そしてまた、首都に行くようになりました。

1年後ー。

【ジンの報告】
ジンがエステルの元に訪れます。侍女のステファニーと結婚するとのこと。
エステルはおめでとうと言って微笑むのでした。

そしてジンは退室し、執務室にはエステルとロイの二人になります。
ロイも結婚したらどうかと話すエステル。
エレンは騎士としてキャリアをもっと積みたいと思っているんです。結婚したら騎士を辞めなければならないじゃないですか、とのこと。

【その後】

私たちが首都に到着してすぐに、当然ながら社交界には大きな波紋が起きました。
一番知らせが気になったのはアイリス皇女だったが、何故か病気で療養中だといって、会えませんでした。
エメルと会えなくなってから、もう1年・・・と思うエステル。

【皇室からの招待状】
アニーが招待状をエステルに持って来ました。それは、アイリス皇女からのものなのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になった 107話・感想

■ある日、私は冷血公爵の娘になった 107話の感想・見どころ【ピッコマで要チェック!!】

エメルと別れて1年も経つんですね。。。
そして、ラストはアイリス皇女からの突然の招待状。アニーもちょっと困惑しているような表情でしたし・・・何だか嫌な予感がしてきます。
次回エピソードもすごく楽しみです^^

彼らの様子は、是非公式のピッコマにてご覧ください!!

応援お願いします!!【ブログ村・ランキング参加中】

毎回「ポチっ」と押してくれるだけで励みになります♪応援、よろしくお願いします^^

次のエピソード

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 108話ネタバレに続く

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」目次

 

→他のピッコマ(LINEマンガ・COMICO)を韓国版・海外版で先読みしたい方はコチラ

【原作】韓国・中国版ウェブ漫画無料先読み情報 目次|ピッコマ等

 

おススメの記事  

・・・ネタバレを簡単にまとめて公開中!

 

\おススメ電子書籍サイト/

管理人がいつも利用しているのはeBookJapanです。週末15%オフクーポンやペイペイ等利用可で、お得に利用できます!!マンガ無料立ち読みOK!!

それでは、今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

ブログ村に参加しています。下のバナーを押してもらえるだけでモチベーションアップになりますので、是非!! ↓ ↓ ↓

>>「ブログ村」ランキングはコチラ

\無料期間中に解約すれば、コミックも完全無料 /

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

    -ある日、私は冷血公爵の娘になった, ピッコマ, 漫画

    © 2021 大好き!Webtoon♪ Powered by AFFINGER5