ある日、私は冷血公爵の娘になった ピッコマ 漫画

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 104話ネタバレ(ピッコマ)

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 104話ネタバレ(最新話)

 

作画 Cotton  原作 Siya  kakaopage   恋愛漫画

※いち早く韓国版を読みたい方→コチラ

※登場人物の確認→コチラ

 

あらすじ

【「ある日、私は冷血公爵の娘になった」あらすじ ピッコマより抜粋】

娼婦に育てられた少女「ピンクアイ」。2万ゴールドで売られた先は、魔族の家系の公爵家でした。新しく「エステル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なエステル。自分のピンク色の目にもなにやら秘密があるようで… かわいいエステルのドキドキほのぼの令嬢生活が始まるよ!

→前回のエピソードは、コチラ

前回のエピソード

 

ある日、私は冷血公爵の娘になった 104話・翻訳ネタバレまとめ

【※ここからは、5分位で読めます!!】

■ ある日、私は冷血公爵の娘になった104話のまとめ【簡単に分かりやすく翻訳ネタバレをまとめました♪】

【エメルのことを聞こうとするが・・・】
ジンに問い詰めるエステル。ジンは、ここからは私の領域ではなく、お嬢様とエメルの問題だと話します。

【夜中の散歩】
エメルのことを考えると寝付けないエステル。夜、散歩に行くことにします。
そして、エステルは剣の素振りをしているエメルに出くわします。エメルから明日公爵邸を発つことを聞いたエステル。驚きのあまりに声が出ませんでした。

【エステルの告白】

エステルはエメルに好きだという事を伝えます。そして、行かないで欲しいことを必死に訴えます。しかしながら、エメルはその言葉には返答せずに、その場を立ち去るのでした。

【去っていったエメル】

翌日、エメルは本当に去っていきました。皆が私の顔色をうかがっているのが感じられました。エステルは、ただ夢中で仕事に没頭するのでした。

【アンが訪れて】

仕事中、アンがエステルの元に訪れます。「私と少し話すことは出来ますか?」少し躊躇いながらも、そう尋ねるアンでした。

 

ある日、私は冷血公爵の娘になった 104話・感想

■ある日、私は冷血公爵の娘になった 104話の感想・見どころ【ピッコマで要チェック!!】

遂にエメルが公爵邸を去って行ってしましました・・・。
エメルはもう少しエステルにきちんと説明して欲しかったなぁと私は思います。こんな別れ方では、エステルもすごく傷つくし納得しないし、恨んじゃいますよね(^^;泣いているエステルを見ていて切なくなってしまいました。

次のエピソードも楽しみです^^

応援お願いします!!【ブログ村・ランキング参加中】

毎回「ポチっ」と押してくれるだけで励みになります♪応援、よろしくお願いします^^

次のエピソード

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 105話ネタバレに続く

 

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」目次

 

→他のピッコマ(LINEマンガ・COMICO)を韓国版・海外版で先読みしたい方はコチラ

【原作】韓国版ウェブ漫画無料先読み情報 目次(ピッコマ・LINEマンガ・COMICO)

 

おススメの記事  

・・・ネタバレを簡単にまとめて公開中!

 

今月の人気記事5選!!

・【遂に完結!!】最終回ネタバレ・彼女が公爵邸に行った理由 158話(外伝11話)

・【感動の最終回】「捨てられた皇妃」作者iNA先生のコメント(公式SNSより)

・【最強に怖いストーリー】韓国版「4年生」無料先読み方法等まとめ!(最終回情報アリ)

・【ピッコマ人気急上昇】韓国版「影の皇妃」無料先読み情報等まとめ!(原作小説情報アリ)

・【本編最終回!】冷血公爵の心変わり・最終回(結末)91話のネタバレ!

人気ウェブ漫画ネタバレ・ランキング

【閲覧注意】「ある日、私は冷血公爵の娘になった」結末(~最終回)・翻訳ネタバレ【簡単なまとめ】

【~韓国版最新話まで】「ある日、私は冷血公爵の娘になった」ネタバレ一覧

【~韓国版最新話まで】「公爵夫人の50のお茶レシピ」ネタバレ一覧

【~外伝・最終話まで】「彼女が公爵邸に行った理由」ネタバレ一覧

【閲覧注意】「悪女の定義」結末・最終回147話のネタバレ(ピッコマ)

\ウェブ漫画以外の漫画を読むなら…/

管理人がいつも利用しているのはeBookJapanです。週末15%オフクーポンやペイペイ等利用可で、お得に利用できます!!マンガ無料立ち読みOK!!

それでは、今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

    -ある日、私は冷血公爵の娘になった, ピッコマ, 漫画

    © 2021 大好き!Webtoon♪ Powered by AFFINGER5