ある日、私は冷血公爵の娘になった ピッコマ 漫画

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 103話ネタバレ(ピッコマ)

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 103話ネタバレ(最新話)

 

あらすじ

【「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 あらすじ ピッコマより抜粋】

娼婦に育てられた少女「ピンクアイ」。2万ゴールドで売られた先は、魔族の家系の公爵家でした。新しく「エステル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なエステル。自分のピンク色の目にもなにやら秘密があるようで… かわいいエステルのドキドキほのぼの令嬢生活が始まるよ!

→前回のエピソードはコチラ

前回のエピソード

 

ある日、私は冷血公爵の娘になった 103話・ネタバレまとめ

【※ここからは、10分位で読めます!!】

■ ある日、私は冷血公爵の娘になった103話のまとめ【簡単に分かりやすく翻訳ネタバレをまとめました♪】

【プレゼントに悩むエステル】
ロイが忠誠を誓ったことに驚くケルソン。このまま放置してはいけない、殆どの人が自分の騎士に何かを下賜するが剣のようなものが通常でしょうとアドバイスをします。そして、何にしようか悩むエステル。

【ドラゴンにお願い】
エステルはドラゴンの元へ行き、鱗が欲しいと言います。その鱗で剣や盾、もしくは鎧を作りたいとのこと。
対価は?とエステルが尋ねると、お前を味わわせてと、ニヤッとしながら話します。
そして、エステルの腕を噛むドラゴン。すぐに作って渡すから、帰って待ってろとのこと。
ドラゴンの鱗で作ったロイの武具は、まもなく完成するのでした。

【ソラード伯爵領】
執務室にて。父がソラード伯爵領をエステルに譲るという話をします。それを引き受けるエステルでした。

【衝撃の事実】

エメルが公爵家から離れることを知っているかとジンに尋ねられます。

その言葉を聞いたエステルは、驚きのあまり声にならないのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になった 103話・感想

■ある日、私は冷血公爵の娘になった 103話の感想・見どころ【ピッコマで要チェック!!】

エメルが公爵邸から去ってしまうことを知ったエステル。あまりの突然な出来事にショックを隠せませんよね・・・。
エメルはこのまま本当にいなくなってしまうのでしょうか!??
次回エピソードもすごく楽しみです^^

彼らの様子は、是非公式のピッコマにてご覧ください!!

 

応援お願いします!!【ブログ村・ランキング参加中】

毎回「ポチっ」と押してくれるだけで励みになります♪応援、よろしくお願いします^^

次のエピソード

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 104話ネタバレに続く

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」目次

 

→他のピッコマ(LINEマンガ・COMICO)を韓国版・海外版で先読みしたい方はコチラ

【原作】韓国・中国版ウェブ漫画無料先読み情報 目次|ピッコマ等

 

おススメの記事  

・・・ネタバレを簡単にまとめて公開中!

 

\おススメ電子書籍サイト/

管理人がいつも利用しているのはeBookJapanです。週末15%オフクーポンやペイペイ等利用可で、お得に利用できます!!マンガ無料立ち読みOK!!

それでは、今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

ブログ村に参加しています。下のバナーを押してもらえるだけでモチベーションアップになりますので、是非!! ↓ ↓ ↓

>>「ブログ村」ランキングはコチラ

\無料期間中に解約すれば、コミックも完全無料 /

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

    -ある日、私は冷血公爵の娘になった, ピッコマ, 漫画

    © 2021 大好き!Webtoon♪ Powered by AFFINGER5