ある日、私は冷血公爵の娘になった ピッコマ 漫画

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 91話ネタバレ(ピッコマ)

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 91話ネタバレ(最新話)

 

作画 Cotton  原作 Siya  kakaopage   恋愛漫画

あらすじ

【「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 あらすじ ピッコマより抜粋】

娼婦に育てられた少女「ピンクアイ」。2万ゴールドで売られた先は、魔族の家系の公爵家でした。新しく「エステル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なエステル。自分のピンク色の目にもなにやら秘密があるようで… かわいいエステルのドキドキほのぼの令嬢生活が始まるよ!

 

→前回のエピソードは、コチラ

前回のエピソード

 

ある日、私は冷血公爵の娘になった 91話・ネタバレまとめ

【※ここからは、10分位で読めます!!】

■ ある日、私は冷血公爵の娘になった91話のまとめ【簡単に分かりやすく翻訳ネタバレをまとめました♪】

【リンフォールドキャンプにて】

エステルは、カスティージョの兵士の司令官と戦い前の打ち合わせをしています。

司令官に対して彼らが川を渡る時、川の水で一掃するつもりですと話すエステル。それに対して疑問を抱く司令官に対して、強い口調で言い返します。そして「では、決まりですね。滞りなく進めなさい。」と指示するのでした。

【アーサーが登場】

そこで影のリーダーであるアーサーがエステルの前にすっと現れます。「ご立派でしたね。」と微笑む彼。そして、敵に関する考えを話し合う二人。そして、「外に出て挑発してみましょう。」と提案するエステルでした。

【最前線に立つ理由】
だから、今、川沿いに出て正面に立っているエステル。

≪では、そろそろ挑発するかな?≫そして、エステルは弓を構えて相手の旗を目掛けて打ちます。矢は見事に旗に命中し、それを見た兵士達は驚き騒めきました。
側にいるレン(騎士)も驚きます。

【全速力で逃げるレンとエステル】

すると、突然レンはエステルを抱きかかえて、敵側に背を向けて勢いよく走り始めました。エステルはレン?何で突然・・・?と呟き、レンに抱えられながら、ふと後ろの方を見ると、恐ろしい位のたくさんの兵士達が川を渡ってこちらに向かってくるのが分かりました。

【精霊の力を使うエステル】

兵士達が川を渡っている時に、エステルは精霊の力を使いました。

思ったよりも大変ね・・・?少し辛そうな表情をしながら、そう思うエステル。

兵士達の目の前にはまるで津波のような大きな水の壁が襲い掛かって来ました。そして、兵士達は泣き叫びながら、次々と川の水にのみ込まれていくのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になった 91話・感想

■ある日、私は冷血公爵の娘になった 91話の感想・見どころ【ピッコマで要チェック!!】

今回のエピソードでは、初めて精霊の力を大々的に使いましたね。体にかなり負担がかかるみたいですね(> <)
敵の兵士達は見事に一掃出来た様子ですが・・・!??次回エピソードもすごく楽しみです☆

彼らの様子は、是非公式のピッコマにてご覧ください!!

応援お願いします!!【ブログ村・ランキング参加中】

毎回「ポチっ」と押してくれるだけで励みになります♪応援、よろしくお願いします^^

次回エピソード

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 92話ネタバレに続く

 

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」目次

 

→他のピッコマ(LINEマンガ・COMICO)を韓国版・海外版で先読みしたい方はコチラ

【原作】韓国・中国版ウェブ漫画無料先読み情報 目次|ピッコマ等

先読み等まとめ目次 韓国・海外版のウェブ漫画(ピッコマ・LINEマンガ・COMICO)無料先読み出来るサイト・原作小説(ノベル)情報等をまとめてご紹介します!   Contents「原作・韓 ...

 

おススメの記事  

・・・ネタバレを簡単にまとめて公開中!

 

\おススメ電子書籍サイト/

管理人がいつも利用しているのはeBookJapanです。週末15%オフクーポンやペイペイ等利用可で、お得に利用できます!!マンガ無料立ち読みOK!!

それでは、今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

ブログ村に参加しています。下のバナーを押してもらえるだけでモチベーションアップになりますので、是非!! ↓ ↓ ↓

>>「ブログ村」ランキングはコチラ

\無料期間中に解約すれば、コミックも完全無料 /

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

    -ある日、私は冷血公爵の娘になった, ピッコマ, 漫画

    © 2021 大好き!Webtoon♪ Powered by AFFINGER5