「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 88話ネタバレ(ピッコマ)

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 88話ネタバレ(最新話)

 

 

作画 Cotton  原作 Siya  kakaopage   恋愛漫画

あらすじ

【あらすじ ピッコマより抜粋】

娼婦に育てられた少女「ピンクアイ」。2万ゴールドで売られた先は、魔族の家系の公爵家でした。新しく「エステル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なエステル。自分のピンク色の目にもなにやら秘密があるようで… かわいいエステルのドキドキほのぼの令嬢生活が始まるよ!

 

→前回のエピソードは、コチラ

前回のエピソード

 

ある日、私は冷血公爵の娘になった 88話・ネタバレまとめ

【※ここからは、10分位で読めます!!】

■ ある日、私は冷血公爵の娘になった88話のまとめ【簡単に分かりやすく翻訳ネタバレをまとめました♪】

【カルルに報告するエステル】
執務室にて。エステルは兄のカルルにエンドと連絡が途絶えてしまったことを説明します。そして、カルルは、一旦知らせを待とうと返答します。落ち着いた様子を見るエステルはほっとします。

【使者からの悪い知らせ】
使者が来て現状を説明します。
ドラゴンもウルフ騎士団も見あたらず、巨大に燃え上がる穴だけ残っているだけとのこと。学者によると高熱のために生じたもので、おそらくドラゴンが火を吹きだしたとか、そういうことではないそうです。

それらを聞いたエステルは震えながら涙を流します。声をかけ、頭を撫でながら安心させるカルル。

【強い気持ちになるエステル】
執務室を退室すると、綺麗な夕陽が廊下の窓から見えた。それを眺めるエステル。

カスティージョ家。そう、私はカスティージョなの。

エステルは拳を握りしめ、そう強く思いながら邸宅の廊下を歩くのであった。

ある日、私は冷血公爵の娘になった 88話・感想

■ある日、私は冷血公爵の娘になった 88話の感想・見どころ【ピッコマで要チェック!!】
今回のエピソードでは親子・兄弟の強い絆がすごく感じられました。
こういう危機的な状況でも落ち着いて行動をとることが出来るカルルお兄様は、まだ若いのに素晴らしいですね^^
そして、今回のことでさらに成長したエステル。今後がさらに楽しみです!!
二人の様子は、是非公式のピッコマにてご覧ください!!

 

次のエピソード

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 89話ネタバレに続く・・・

 

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」目次

 

他のピッコマ(LINEマンガ・COMICO)を韓国版・海外版で無料先読みしたい方はコチラ

≫韓国版・無料先読み情報等まとめはコチラ

 

おススメの記事

ピッコマ人気ウェブ漫画のネタバレを簡単にまとめて公開中!(随時更新しています^^)

≫ピッコマ人気ウェブ漫画・ネタバレ一覧はコチラ

管理人がよく使うサイト紹介

管理人がピッコマ以外でよく利用しているのはeBookJapanです。

・「俺レべ」「ある娘」「捨て妃」等…書籍化されたピッコマの人気漫画も購入可能。

・30%、50%オフetc…クーポン等の利用で電子書籍がお得に読める!(使用条件アリ)

・約9000作品が無料で読める読み放題コーナー で、マンガ無料立ち読みOK!!

\人気漫画32000冊以上が読み放題/

    -ある日、私は冷血公爵の娘になった, ピッコマ, 漫画

    © 2021 大好き!Webtoon♪ Powered by AFFINGER5