「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 86話ネタバレ(ピッコマ)

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 86話ネタバレ(最新話)

 

作画 Cotton  原作 Siya  kakaopage   恋愛漫画

あらすじ

【「ある日、私は冷血公爵の娘になった」あらすじ ピッコマより抜粋】

娼婦に育てられた少女「ピンクアイ」。2万ゴールドで売られた先は、魔族の家系の公爵家でした。新しく「エステル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なエステル。自分のピンク色の目にもなにやら秘密があるようで… かわいいエステルのドキドキほのぼの令嬢生活が始まるよ!

 

→前回のエピソードは、コチラ

前回のエピソード

 

ある日、私は冷血公爵の娘になった 86話・ネタバレまとめ

【※ここからは、10分位で読めます!!】

■ ある日、私は冷血公爵の娘になった86話のまとめ【簡単に分かりやすく翻訳ネタバレをまとめました♪】

【暗い様子の邸宅】
戦争と変わらないようなひどい状況の為、邸宅の雰囲気は非常に暗い様子でした。

【屋敷に魔法をかけようと思うアン】
屋敷全体に魔法をかけようと考えているアン。矢とか攻撃技を防御することが出来る魔法を考えているとのこと。
そして、カルルがどこにいるかと尋ねると、屋根の上に上がられていましたと教えてもらいました。

【屋根の上で話すエステルとカルル】
エステルも屋根の上に上がると、そこにはカルルの姿がありました。そしてカスティージョに関して色々と語る二人。

目の前で白い伝書鳩が飛んでいる様子を目にする二人。「ああ、伝書鳩!良い知らせであればいいな。」笑顔でそう呟くエステル。

【伝書鳩が届けた知らせ】
その知らせには、良い知らせと悪い知らせがありました。心配するエステルはエンドに父の側にいてと命令します。

「ケルソン、私が何か出来ることがあればやるわ。」とエステルが言うと、ケルソンはすごく喜びます。
そして、エステルは山積みになった書類に目を通し事務作業に追われるのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になった 86話・感想

■ある日、私は冷血公爵の娘になった 86話の感想・見どころ【ピッコマで要チェック!!】

今回のエピソードを見て、エステルは成長したな♪としみじみと思ってしまいました。

ケルソンも喜んでいましたね^^彼女は立派なカスティージョの一員ですね!!

それらの様子は、是非公式のピッコマにてご覧ください!!

 

次のエピソード

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 87話ネタバレに続く・・・

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」目次

 

他のピッコマ(LINEマンガ・COMICO)を韓国版・海外版で無料先読みしたい方はコチラ

≫韓国版・無料先読み情報等まとめはコチラ

 

おススメの記事

ピッコマ人気ウェブ漫画のネタバレを簡単にまとめて公開中!(随時更新しています^^)

≫ピッコマ人気ウェブ漫画・ネタバレ一覧はコチラ

管理人がよく使うサイト紹介

管理人がピッコマ以外でよく利用しているのはeBookJapanです。

・「俺レべ」「ある娘」「捨て妃」等…書籍化されたピッコマの人気漫画も購入可能。

・30%、50%オフetc…クーポン等の利用で電子書籍がお得に読める!(使用条件アリ)

・約9000作品が無料で読める読み放題コーナー で、マンガ無料立ち読みOK!!

\人気漫画32000冊以上が読み放題/

    -ある日、私は冷血公爵の娘になった, ピッコマ, 漫画

    © 2021 大好き!Webtoon♪ Powered by AFFINGER5