「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 83話ネタバレ(ピッコマ)

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 83話ネタバレ(最新話)

 

 

あらすじ

【あらすじ ピッコマより抜粋】

娼婦に育てられた少女「ピンクアイ」。2万ゴールドで売られた先は、魔族の家系の公爵家でした。新しく「エステル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なエステル。自分のピンク色の目にもなにやら秘密があるようで… かわいいエステルのドキドキほのぼの令嬢生活が始まるよ!

→前回のエピソードは、コチラ

前回のエピソード

 

ある日、私は冷血公爵の娘になった 83話・ネタバレまとめ

【※ここからは、5分位で読めます!!】

■ ある日、私は冷血公爵の娘になった83話のまとめ【簡単に分かりやすく翻訳ネタバレをまとめました♪】

【カルルだけでなくエメルも登場】
兄のカルルが助けに来たので、安心するエステル。
そして、いつの間にかエメルもこの場に到着していました。エステルを見て心配するエメル。

【エメルを見て怒る侯爵】
侯爵はエメルを見て「この裏切り者!」と大声で叫びます。それを聞いて不思議に思うエステル。
そして、相手にはしませんとエメルが言うと、エステルと共にその場を後にしました。

【父に報告するエステル】
無事に公爵邸に到着したエステルは、父に報告と謝罪をします。微笑みながら抱き合う二人。
そして、父は、私はすぐに首都へ向かう予定だ。頭が痛くなるような事が生じているようだから。とエステルに話すのでした。

【ロイとエレンを心配するエステル】

二人がけがをしているとのことで、心配してロイの部屋に向かうエステル。
部屋からは「ちょっと待って!!」と聞こえてきます。

その声にビックリするエステル。そして、勢いよくドアが開いたかと思うと、傷だらけのロイが慌てて現れるのでした。

ある日、私は冷血公爵の娘になった 83話・感想

■ある日、私は冷血公爵の娘になった 83話の感想・見どころ【ピッコマで要チェック!!】

今回のエピソードで一番気になったのは、侯爵がエメルに対して「裏切者」と言っていたことですね。やはり、二人の間には何か関係がありそうですね。
ラストは、慌てて出て来たロイ。どうして慌てていたのかが気になるところです☆

二人の様子は、是非公式のピッコマにてご覧ください!!

 

 次のエピソード

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 84話ネタバレに続く

「ある日、私は冷血公爵の娘になった」目次

 

→他のピッコマ(LINEマンガ・COMICO)を韓国版・海外版で先読みしたい方はコチラ

【女性向け漫画・目次】韓国や中国版ウェブ漫画の無料先読み記事一覧|ピッコマ

無料先読みまとめ記事・目次 このページは、韓国・海外版のウェブ漫画(ピッコマ・LINEマンガ・COMICO)無料先読み出来るサイト・原作小説(ノベル)情報等のまとめ記事【女性向け漫画】になります。 少 ...

 

おススメの記事  

・・・ネタバレを簡単にまとめて公開中!

 

管理人がよく使うサイト紹介

管理人がピッコマ以外でよく利用しているのはeBookJapanです。

・「俺レべ」「ある娘」「捨て妃」等…書籍化されたピッコマの人気漫画も購入可能。

・30%、50%オフetc…クーポン等の利用で電子書籍がお得に読める!(使用条件アリ)

・約9000作品が無料で読める読み放題コーナー で、マンガ無料立ち読みOK!!

\人気漫画32000冊以上が読み放題/

    -ある日、私は冷血公爵の娘になった, ピッコマ, 漫画

    © 2021 大好き!Webtoon♪ Powered by AFFINGER5