ある日、私は冷血公爵の娘になった ピッコマ 漫画

(翻訳)「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 80話ネタバレ

 

(翻訳)「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 80話ネタバレ

f:id:hukusinoko:20201225103205j:plain

【このページの目次】

作画 Cotton  原作 Siya  kakaopage   恋愛漫画

 

①あらすじ

 

【ある日、私は冷血公爵の娘になった あらすじ ピッコマより抜粋】

娼婦に育てられた少女「ピンクアイ」。2万ゴールドで売られた先は、魔族の家系の公爵家でした。新しく「エステル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なエステル。自分のピンク色の目にもなにやら秘密があるようで… かわいいエステルのドキドキほのぼの令嬢生活が始まるよ!

→前回のエピソードは、コチラ

www.manga-love.xyz

 

②ある日、私は冷血公爵の娘になった 80話・翻訳ネタバレまとめ

【※ここからは、10分位で読めます!!】

■ ある日、私は冷血公爵の娘になった80話のまとめ【簡単に分かりやすく翻訳ネタバレをまとめました♪】

【侯爵家に向かうエステル】
エメルと和解しないまま侯爵家に向かいます。最終的にアン、護衛としてロイとエレンが付いてくる事になりました。

そうして、雨の中侯爵家に到着したエステル。夫人が出迎えます。

【レットとお話しするエステル】
そして、夫人と話した後、夫人の息子であるレットを紹介され、二人で話すことになったエステル。
レットを見て、妙にエメルに似ているなと感じます。

【混血について考えるエステル】
そしてお話をした後、少し休むために退室するエステル。そこにはロイ、エレン、アンが控えていました。
お見合い相手はお気に召しましたか?とロイに尋ねられると、うまくやったと答えるエステル。
カスティージョとは絶対に婚約する気はないと思っていたが、お嬢様は混血だからと返答するロイ。
そして、混血に関して考えを巡らせるエステルでした。

③【翻訳】ある日、私は冷血公爵の娘になった 80話・感想 

■ある日、私は冷血公爵の娘になった 80話の感想・見どころ【ピッコマで要チェック!!】
エステルは、エメルと和解しないまま侯爵家に向かいましたね。
そして、そこで初めて会ったレットを見て、エメルと似ている感じがするエステル。この辺に何か関係性があるのでしょうか??
次回エピソードもすごく楽しみです^^

彼らの様子は、是非公式のピッコマにてご覧ください!!

④翻訳リクエスト、受け付けます☆ 

■翻訳リクエストについて
例:「○○話のこの場面のエステルのセリフが知りたい!!」
というような一部分の翻訳リクエストがありましたら、ツイッターやコメント欄から随時受付します。(※一部分に限ります。又、当方日中は仕事をしていますので、すぐには返信できません・・・。ご了承ください。)

⑤応援お願いします!!【ブログ村・ランキング参加中】

毎回「ポチっ」と押してくれるだけで励みになります♪応援、よろしくお願いします^^

 

 


 

 

⑥次のエピソード

(翻訳)「ある日、私は冷血公爵の娘になった」 81話ネタバレに続く

 

www.manga-love.xyz

www.manga-love.xyz

 

-ある日、私は冷血公爵の娘になった, ピッコマ, 漫画

© 2021 大好き!Webtoon♪ Powered by AFFINGER5