ピッコマ漫画ライフ

ピッコマ連載中の恋愛漫画(翻訳ネタバレやおススメ漫画紹介)を中心に公開していきます♪

【 当サイトの簡単なご紹介♪ 】

★ピッコマにて大人気連載中漫画「彼女が公爵邸に行った理由」と「ある日、私は冷血公爵の娘になった」と「公爵夫人の50のお茶レシピ」の翻訳ネタバレを公開しています。(素人による翻訳ですので、少々言い回しが違うところがあるかもしれませんがご了承下さい。)→更新日はツイッターでお知らせしていますので、是非フォローの方よろしくお願いします^^

ピッコマ独占配信中の原作・海外(主に韓国 )サイトの紹介をしています。先読みしたい方におススメ。

★ピッコマ独占配信中の人気漫画に関するコミック・単行本・動画情報をまとめています。

「彼女が公爵邸に行った理由」72話のネタバレ


スポンサーリンク

「彼女が公爵邸に行った理由」72話のネタバレ

f:id:hukusinoko:20191104150943j:plain

 

「彼女が公爵邸に行った理由」は、ピッコマにて大人気独占配信中の韓国の恋愛ファンタジー漫画です。


毎週金曜日12時にピッコマで最新話が更新されています。
( ※韓国版の「彼女が公爵邸に行った理由」を読みたい方は コチラ )

www.manga-love.xyz


≪あらすじ ピッコマより抜粋≫
謎の死から小説の中に迷い込んだ「凛子」こと「レリアナ」 成金一家の娘として蘇生した彼女は、脇役で、しかも近いうちに命を落とす運命だった。 小説の中の婚約者でありレリアナ殺人事件の犯人「ブルックス」との婚約破棄を目論んだ 彼女は、王位継承者序列1位の「ノア」に近づきある取引を申し込む。 ”6ヶ月だけ婚約者のふりをしてください!” ”必要な時に婚約者としての役割を果たしてくれるなら…” 果たして2人の取引で彼女が死の運命から逃れることはできるのか!?

 

 

 

 

観劇を終えて、感想を聞くレリアナ。

「こういった公演もわるくないな」「帰りにワクワク(鶏肉のような味の串焼き)」を買わないか」

と満足気のヒーカー。

「いいですね!たくさん買って行きましょう! そういえば、私がいた世界にもワクワクのようなものが売っていたんですよ。」

「・・・それにしても、こんなことを誰かに話せるなんて思ってもいませんでした。一生このまま一人で抱えて生きていくと思っていたので・・・」と笑顔で話すレリアナ。

「いつでも聞いてやるぞ」とヒーカーも笑顔で答える。

 

 

後ろで護衛している二人(ノアとアダム)をちらっと見て、ヒーカーは実はまだ伝えていないことがあると告白する。

レリアナの身体はよくなったわけではない。魂を身体に落ち着かせる方法を探す必要がある。じゃないとまたいつか倒れることになる。暫くの間は平気だろうが、次は無事に意識を取り戻せるかどうかは私にもわからないとの事。

≪ どうにかして生きる方法をみつけないと・・・。私には落ち込んでいる暇なんてないんだから ≫と考えるレリアナ。

 

「お前はただ待っていればいい。今回の巡回演説が終われば私はまた神聖国に戻る。神聖国には新教の総本山であるバレイトルテ神殿があってな。今はもう全て消えたとされている旧教の資料なども残っているんだ。おそらくそこで何かしらの方法を見つけることができるだろう。」

「それよりも気になることがあるんだ・・・お前の記憶について」「本来のレリアナマクミランに関するすべてのことを記憶しているのか?」

それを聞いて、困った顔をするレリアナ。

「いえ おそらくすべての記憶はありません」

「じゃあその身体に入りこんだ時のレリアナ本人の記憶は?」と真剣な表情で問うヒーカー。

 

 

≪ 私が覚えていることは花咲凛子として自習室から落ちた時の瞬間だけ。レリアナマクミランがその前に何をしていたのなんか気にしたこともなかった。だって知る必要がなかったから ≫

 

 

「お前の身体には黒い魔女が使う邪術の痕跡が感じられる。もしかしたら以前に何か問題があったのかもしれない」

不安な顔をするレリアナにヒーカーは、「心配するな。どうにかして方法を探してやるから」と言いながら肩をトンと叩いて安心させる。

「これをやろう」と言ってヒーカーは髪に付けていた鈴をレリアナに渡す。

「神の祝福は効かなかったが・・・これは私の神力が込められているからきっと何かの助けになるだろう」と。気づくとヒーカーは青年の姿で微笑んでいた。

 

 

ー次の日の朝。

ヒーカーはレリアナの額に軽くキスをして「どうかレリアナに神のご加護を・・・」と皆の前で述べる。

「おじいちゃんにも神のご加護がありますように」とレリアナもヒーカーの頬にキスをして返す。

 

 

その様子を背後からじーっと見つめるノア。

それを見てヒーカーは「お前は一刻も早くうちのレリアナと別れたほうがいい」と言う。

ノアは「今の状況からして先にお別れするのは聖下じゃないですか」といつもの笑顔で返す。

 

 

「じゃあまたなレリアナ。元気でいるんだぞ」と言ってヒーカーは馬車に乗って神聖国に帰る。

寂しそうに見送るレリアナにノアは急にレリアナに近づき額をハンカチで拭く。

そしてほっとした表情になるノア。

レリアナはノアのこの行動をイマイチ理解出来なかったが、ノアが去った後になってから「もしかしておじいちゃんにまで嫉妬しているの?」と気づき、顔を赤らめながら呆れるレリアナだった。

 

             

            「彼女が公爵邸に行った理由」73話に続く・・・

 

★「彼女が公爵邸に行った理由」72話 感想★

今回のお話は、後のストーリーの重要なポイントになりそうですね。

今のレリアナには前のレリアナの事を知らない。そして邪術の痕跡!!わからないことがたくさんあって、そこがまた面白いですよね。

そして、ノアの嫉妬深いところ・・・おじいちゃんのキスは挨拶のようなもので深い意味はないと思いますが。。。

レリアナの額を拭いてすっきりしたノアの様子は、見ていてきゅんきゅんしました~(笑)

レリアナはノアに溺愛されていますね。

次回の更新も楽しみです!最新の2話は課金(62ポイント)が必要なのですが、この作品に関しては、課金を惜しみません(笑)

私にとって、それくらい大好きな漫画になっています♪

 

 

 

☆★お問い合わせフォーム★☆

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村