ピッコマ漫画ライフ

ピッコマ連載中の恋愛漫画(翻訳ネタバレやおススメ漫画紹介)を中心に公開していきます♪

【 当サイトの簡単なご紹介♪ 】

★ピッコマにて大人気連載中漫画「彼女が公爵邸に行った理由」と「ある日、私は冷血公爵の娘になった」と「公爵夫人の50のお茶レシピ」の翻訳ネタバレを公開しています。(素人による翻訳ですので、少々言い回しが違うところがあるかもしれませんがご了承下さい。)→更新日はツイッターでお知らせしていますので、是非フォローの方よろしくお願いします^^

ピッコマ独占配信中の原作・海外(主に韓国 )サイトの紹介をしています。先読みしたい方におススメ。

★ピッコマ独占配信中の人気漫画に関するコミック・単行本・動画情報をまとめています。

「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」22話のネタバレ


スポンサーリンク

「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」22話のネタバレ

 

「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」は、ピッコマにて大人気独占配信中の韓国の恋愛ファンタジー漫画です。
毎週金曜日12時にピッコマで最新話が更新されています。
( ※韓国版の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」を読みたい方は コチラ )

 

≪あらすじ ピッコマより抜粋≫
よくあるファンタジー小説。私、その小説の妃になってしまいました。正しくは、主人公の手で殺される悪の脇役で、しかも金遣いの荒い悪妻! でも、子供の頃から尽くす妃を演じたら、首が跳ね飛ばされるのは避けられるかも? よし。今から、私の目標は無事に離婚すること! だったはずなのに…ちょっとした誤解が大きな波紋を呼び、計画は大迷走。私、本当に無事に離婚できるかな⁉

 

f:id:hukusinoko:20191113141127j:plain

 

 

場面は、セザールが戦争に勝利を収め無事に帰国した後のパーティーにて。

カナリアに待っていろと指示した場所にカナリアがいなかったので、「一体どこにいるんだ!」と会場内を探し回るセザール。

すると、ご婦人らの会話が聞こえてくる。

「第二皇子とカナリア妃、絶対に何かありますわ」「夫君が帰ってこられたというのに本当に恥知らずね」「さっきも一緒にいるのご覧になったでしょう?」「やはりただの仲じゃありませんわ」

それらの話を聞いてしまったセザールは気持ちが沈む。

 

 

やっとピンク色の髪の女性を見つけたセザール。

近づいて声をかけようと思ったら、カナリアは第二皇子と一緒に笑顔でダンスをしているところを目にしてしまう。

それを見て愕然とするセザール。≪なぜこんな気持ちに・・・≫

 

 

椅子に俯いて座っていると、「セザール。ここで何をしているの?もう用は済んだ?」とカナリアの方から気付いて声をかける。

しかし、素直になれずプイっと顔を背けるセザール。

よく拗ねるのは相変わらずだと思うカナリアは、カナリアの方から手を差し伸べて「私これからテラスに行くの。あなたも一緒に来て」と笑顔で誘う。

 

 

夜空の綺麗なテラスにて。

わざとここに来たのか?と問うセザール。自分が出征する何日か前に抱きしめた場所だったからと思い出して言ったが、「ここであなたが泣いていたことなら覚えているわよ?」とカナリアが少しからかうので、すぐさま「泣いてない!」と否定するセザール。あまりからかうと可哀相だからそういうことにしておこうと思うカナリアだった。

 

 

そこで、花火が突然打ちあがり、

「キレイな花火~!あれ見てセザー・・・ル・・・」と言いながらセザールを見ると、「ああ見てるよ」とカナリア以上に花火を見て感動している。

その様子を見て、「こうしているとやっと・・・本当にあなたが帰ってきたんだって実感が湧いてくるわ」そう呟きながら心の中では≪ そしてもうすぐ終りね。私のここでの生活も・・・ ≫と離婚について考えるカナリア

だが、セザールは、本当は出征なんかしたくなかった。あの女(皇后)に皇位継承権はもう諦めるからもう放っておいてほしいと頼みたかったと告白する。

何でそうしなかったのかと問うカナリア

さぁなと言いながら、誤魔化すようにカナリアの髪をぐしゃっとする。

「南部にいた時数百回考えたことがある。必ず生きて帰って・・・・・・  」

花火の音にかき消され、最後にセザールがカナリアを見つめながら何を言ったかよく聞こえなかった。

皇后に復讐でもするのかと考えるカナリア

でも、大きな悩みから解放されたようなセザールの顔を見ていたら、私は安心してここを離れてもいいような気がしたカナリアだった。

 

 

   「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」23話に続く・・・

 

 

(「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」22話 感想)

セザールとカナリアはなんかもう両想いっていう感じですね!なのに、まだ想いがすれ違っているところに切なさを感じます。こういう恋愛ストーリーの展開は韓国の漫画って上手いなぁ!!としみじみ思います(^^)

 

「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」23話のネタバレも更新しています→コチラ

 

 

 

 

☆★お問い合わせフォーム★☆

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村