ピッコマ漫画ライフ

ピッコマ連載中の恋愛漫画(翻訳ネタバレやおススメ漫画紹介)を中心に公開していきます♪

【 当サイトの簡単なご紹介♪ 】

★ピッコマにて大人気連載中漫画「彼女が公爵邸に行った理由」と「ある日、私は冷血公爵の娘になった」と「公爵夫人の50のお茶レシピ」の翻訳ネタバレを公開しています。(素人による翻訳ですので、少々言い回しが違うところがあるかもしれませんがご了承下さい。)→更新日はツイッターでお知らせしていますので、是非フォローの方よろしくお願いします^^

ピッコマ独占配信中の原作・海外(主に韓国 )サイトの紹介をしています。先読みしたい方におススメ。

★ピッコマ独占配信中の人気漫画に関するコミック・単行本・動画情報をまとめています。

「彼女が公爵邸に行った理由」66話ネタバレ


スポンサーリンク

「彼女が公爵邸に行った理由」66話ネタバレ

 

 

「彼女が公爵邸に行った理由」は、ピッコマにて大人気独占配信中の韓国の恋愛ファンタジー漫画です。
毎週金曜日12時にピッコマで最新話が更新されています。
( ※韓国の原作を読みたい方は コチラ )

 


≪あらすじ ピッコマより抜粋≫
謎の死から小説の中に迷い込んだ「凛子」こと「レリアナ」 成金一家の娘として蘇生した彼女は、脇役で、しかも近いうちに命を落とす運命だった。 小説の中の婚約者でありレリアナ殺人事件の犯人「ブルックス」との婚約破棄を目論んだ 彼女は、王位継承者序列1位の「ノア」に近づきある取引を申し込む。 ”6ヶ月だけ婚約者のふりをしてください!” ”必要な時に婚約者としての役割を果たしてくれるなら…” 果たして2人の取引で彼女が死の運命から逃れることはできるのか!?

 

 

f:id:hukusinoko:20191104150943j:plain

 

 


ヒーカーは夜空を見上げながらニヤニヤ笑っていた。

 

 

それを見たウェードは、「その変な笑いは何なんですか?」と驚く。

≪ どうせ誰かの不幸とかだろうな ≫と思いながら、ノアの執事のことかと想像する。

執事の事ではなく、公爵様(ノア)のことであった。

「だからそのような不気味な笑みをうかべていたのですね」と思わず言うと、

「何だと?私の顔のどこが不気味だと言うんだ!」とヒーカーを怒らせてしまう。

 

 

オロオロしながら、明日の演説の話題転換をする。

「明日、演説が終わったらレリアナを連れてこい。二人で話したいことがある。余計な口出しはいいからお前は私の言われた通りにしろ!」

とウェードに指示し、それを聞いたウェードは退室する。

 

 

再び一人になったヒーカーは、また夜空を見上げながらレリアナの事を考える。

「なぜレリアナから邪痕が感じられるんだ?」

 

 

場面は変わって、次の日の演説会場。

神聖国最高神官の初めての演説がチェイモス国で行われるということだけあって、大混雑している。

 

 

演説を始めるヒーカー。その姿を見ているレリアナは「やっぱりこうして見ると大神官なんだな。いつもはあんなに子供っぽいのに」と拍手をしながらヒーカーの事を見直す。

そこで突然ウェードに「聖下がお呼びです。詳しくは聞いておりませんが、まぁ行けばわかるかた・・・」と呼ばれるレリアナ。

ウェードに案内をされながら、ヒーカーの愚痴をレリアナに話す。しかし「寂しいお方なんです。姫君のことを気に入っているのは本心ですので理解してあげてください。と話す。それを聞いたレリアナは≪なんだかんだ言っても、尊敬しているのね≫と思うのであった。

 

 

ヒーカーの部屋に入ったレリアナ。

「体調は大丈夫そうだな。一つ聞きたいことがある。」

「お前は一体何者だ?」

ヒーカーの発言に、レリアナは非常に驚いた表情をする。

 

 

              「彼女が公爵邸に行った理由」67話に続く・・・

 

 

 

 ★「彼女が公爵邸に行った理由」67話ネタバレは コチラ

www.manga-love.xyz

 

 

→韓国版の「彼女が公爵邸に行った理由」を読む場合はコチラ

 

 

【彼女が公爵邸に行った理由 翻訳 ネタバレ記事】

最新話を翻訳して、随時更新しております!

ピッコマでは1年後位に公開されると思われます。韓国版の彼女が公爵邸に行った理由をいち早く知りたい方は、是非ご覧になってみて下さい(^^)

www.manga-love.xyz

www.manga-love.xyz

www.manga-love.xyz