ピッコマ漫画ライフ

毎日の楽しみであるピッコマの漫画(翻訳ネタバレやおススメ漫画紹介)を中心に公開していきます♪

【当サイトからのお知らせ】

※ピッコマにて大人気連載中漫画「彼女が公爵邸に行った理由」と「ある日、私は冷血公爵の娘になった」を翻訳をしております。当方,韓国語はわかりません(^^;

素人による翻訳ですので、少々言い回しが違うところがあるかもしれませんがご了承下さい。

それでもよろしければ、随時ネタバレしておりますので、ご覧下さい!

 

「彼女が公爵邸に行った理由」64話のネタバレ


スポンサードリンク

 

「彼女が公爵邸に行った理由」64話のネタバレ

 

 

 

「彼女が公爵邸に行った理由」は、ピッコマにて大人気独占配信中の韓国の恋愛ファンタジー漫画です。
毎週金曜日12時にピッコマで最新話が更新されています。
( ※韓国の原作を読みたい方は コチラ )

 


≪あらすじ ピッコマより抜粋≫
謎の死から小説の中に迷い込んだ「凛子」こと「レリアナ」 成金一家の娘として蘇生した彼女は、脇役で、しかも近いうちに命を落とす運命だった。 小説の中の婚約者でありレリアナ殺人事件の犯人「ブルックス」との婚約破棄を目論んだ 彼女は、王位継承者序列1位の「ノア」に近づきある取引を申し込む。 ”6ヶ月だけ婚約者のふりをしてください!” ”必要な時に婚約者としての役割を果たしてくれるなら…” 果たして2人の取引で彼女が死の運命から逃れることはできるのか!?

 

 

 

 

f:id:hukusinoko:20191104150943j:plain

彼女が公爵邸に行った理由

 

 

 

 ノアと邪魔をして申し訳ない気持ちでいっぱいのロイドは、一旦レリアナの部屋を出る。

 


「何なの一体・・・」

 


そう呟いて、これまでのことを思い返すレリアナ。
王城でシアトリヒに捕まって仮装パーティで色んな人から追いかけられたけどどうにか逃げ切って・・・
ノアと時計台に登り、鐘の音を聞いて、倒れたことを。

 


そしてノアは看病をしてくれて・・・と、先程口移しとキスされたことを思い出し、顔が真っ赤になる彼女。

 



そこへ、ヒーカーが勢いよく入ってきた。

 

 

「ガバッ!!」

 

 

具合は大丈夫なのか、どうせあのクズ男のせいで倒れたんだろう等言い始め、後ろについてきたノアに、ウェードが謝罪する。
ノアは、「大丈夫です、私の婚約者を心配して言っていることなので理解します」と、微笑む。

 


ヒーカーは、
「コイツはまた偉そうに!」

「背後から刺されて死ぬ相が見える!」と言い返す。
ノアは「自分は腕の立つ騎士だから、そんなことはありえないのでご心配なく」と、いつものウィンナイトスマイルで返す。

 


そんな二人に挟まれたウェードはゲッソリする。
ウェードは、ヒーカーについて「生まれて初めて他人を心配しているので興奮しているようで」と、ノアに謝るが、ヒーカーに「お前はもう何も喋るな!」と怒られる。
3人で、わーわーぎゃーぎゃー騒ぐので、レリアナは置いてけぼり。

うるさいし長い。



レリアナは、

「私・・・どれだけどれだけ寝ていたんですか?」

と、聞くのだった。

 

10日間も自分が眠っていた事実がわかり、考える彼女だが、ふとその指が唇に触れ、ノアとキスしたのを思い出しまた赤面。

 


「・・・・・・!!」

 


彼にキスされたとき、拒否せずそのまま大人しくしていた自分に、

「このままじゃダメなのに」

と戸惑う。

 


≪ いくら自分が鈍くてもここまでされればわかる。ノアは私が好き。 ≫

 

このままだとどうなるんだろう。
ノアはベアトリスと出会い恋に落ちるはずだった。
ひょんなことから現れたレリアナ・マクミランという脇役に、彼は心を寄せてしまっているが、この先ベアトリスが現れても、私のことを愛してくれるのだろうか。

 


≪ 何があっても、主人公はベアトリスだ。レリアナではなく。 ≫  

 


レリアナが無事フレンチ・ブルックスから逃げられたのは、私が未来を知っていいて、私のことを助けてくれる人にタイミングよく出会えたおかげ。

だけど、他のことは全て運命(原作)通りに進んでいる。

 


ベアトリスが現れるか現れないか・・・
ノアが彼女と恋におちるのかおちないのか・・・

 


常にそんな不安を抱きながら、果たして幸せになれるのか。
レリアナは自分の胸に手をおき、気持ちを確かめる。

 


≪ 私もノアが好き ≫

 


だけど、そんな不安を抱いてまで、一緒にいたいとは思わないのだった。
仲良くなってはいけなかったのに、軽率であったと思う彼女なのだった。

 


夜、レリアナが屋敷の外を歩いていると、何者かが屋敷の塀を飛び越えてきた。
「え?なに泥棒?叫んだほうがいいのかな?」
と彼女が色々考えていると、その人物はフードをとる。

 


その侵入者は……!?

 

 

 

「彼女が公爵邸に行った理由」65話ネタバレ - manga’s diary

www.manga-love.xyz

 

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村